初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

人気エリアは不動産会社にヒアリングすると良い理由

不動産投資で成功するには、基本的に需要が高い地域の不動産物件を購入する事です。需要が高い地域の物件であれば、賃貸経営や転売という形で無理なく利益を上げる事が出来ます。

不動産需要が高い地域と言うとやはり大都市部であり、東京大阪名古屋といった地域であれば高い需要を見込む事が可能です。特に東京は日本の首都であり、国内で一番の巨大な都市部であるために、他地域よりも高い需要を期待する事が出来ます。

ただし東京であれば、無条件に不動産投資を成功させる事が出来る訳ではありません。これから先により高い不動産需要が見込めるエリアを選んで、きちんと投資する必要があるのです。

東京、大阪、名古屋の不動産投資の人気エリアについて紹介

不動産投資をする時は入居者が集まりやすい場所は人気で、三大都市とも言われる東京、大阪、名古屋周辺のエリアを探すと物件を購入するために役立ちます。

東京は全体的に都心部の地価は非常に高いですが、東京で不動産投資がおすすめ出来る鉄板エリアは、池袋だったりします。池袋はターミナル駅が存在するにも関わらず、他のターミナル駅である渋谷や新宿と比較した場合に地価が安めです。そのため比較的不動産物件にも手が出し易い上に、駅周辺ではこれから大規模な開発が行われる予定だったりします。

更なる発展が見込める地域であるので、不動産投資する際にはおすすめ可能です。ほかにも、工場が多い川崎市や日本の市町村の中でも人口が最多の横浜市などは人気エリアです。基本的に賃貸マンションで一人暮らしをする利用者は通勤や通学の拠点にするため、企業や学校以外に交通の便が良いことが決め手になってきます。主要駅の近くは坪単価が高く、少し離れた場所を選ぶなど工夫することが大事です。

名古屋は最近では学校や工場などが増えているため、地下鉄沿線が人気のエリアです。人気の要因は通勤や通学の拠点として利用しやすく、東京など首都圏エリアと比べて坪単価が安く交通の要衝として安心して暮らせます。名古屋は大手の自動車メーカーの工場がある事から、アパート経営が向いています。特に三河エリアには自動車工場が幾つもあるので、アパートに対する需要が高く安定しているのです。そのため三河エリアでアパート経営を行うという方法が、おすすめ出来ます。

大阪は関西の中心で最近では外国人観光客も増え、大阪市内の中央区や北区などは坪単価上昇しています。人気エリアは中央区や北区などタワーマンションが多く立ち並び、交通の要衝で周辺に多くの学校や企業があるため注目度が高いです。というのも北区ではうめきたと呼ばれる再開発地域が存在しており、2022年から再び大規模な開発工事が行われる予定なのでより一層発展する事が予測可能です。

もっとも不動産投資は、国内の代表的な都市部でなくてもエリアを上手く選ぶ事で成功させる事が可能です。

地方都市(福岡、神戸、横浜、札幌)の人気エリアについて紹介

地方都市として九州で1番の大きな都市部である福岡でも、エリアを上手に選ぶ事で不動産投資を成功させる事が出来ます。福岡は市街地から空港や新幹線の駅や港が近いです。このため、外国人の居住者や観光客が多く、地価も安いために多くの投資家が注目しています。

特に近年、福岡市は人口増加数や増加率が上位の都市となっているので不動産投資のチャンスが多い街だと言えるのです。そんな福岡市で不動産投資すべき鉄板エリアと言えるのが、中央区の南側に位置する薬院や平尾といったエリアだったりします。この地域は治安が良く住み易いので、常に住宅に対する高い需要があるので、賃貸経営も上手く行き易いです。

神戸は大阪から近いことや周辺に大都市があり、企業や学校などが増えています。最近では空港ができたことや観光名所も多く、交通の便が良いため人気が高いエリアです。不動産投資する際におすすめ出来る鉄板エリアとしては、阪急神戸線の岡本駅周辺です。このエリアは治安が良くて住み易い上に、兵庫県内の住みたい街ランキングの常連である等、住宅に対する高い需要が安定して見込める地域となっています。なのでアパートやマンション経営も上手く行き易いので、おすすめです。

横浜は人口が最多の市町村であり、最近ではみなとみらい周辺に多くの企業やビルなどが立ち並んでいます。東京からも近く交通の便が良く、賃貸物件の入居者を見込めるため人気が高いです。実際に横浜市は人口約370万人であり、日本の市町村では最多の人口を誇っているのです。未だに人口が増加傾向にあるものの、横浜市自体はかなり面積が広いため人口密度はそこまで高くはありません。

なので不動産投資を行う際には、きちんと発展を見込めるエリアを絞り込んで行う必要があるのです。横浜市で不動産投資を行う際に鉄板と言えるエリアは、港北区だったりします。港北区は既に人口が最も多い行政区であるだけでなく、今後も人口が増加する地域と予想されているのです。

そのため現状だけでなく、将来的にも安定して賃貸需要を見込む事が出来るので不動産投資を行うのにはおすすめ出来るエリアとなっています。ただし資産価値が下がり難い人気エリアの土地は、価格が高く手放す人が少ないため手に入れるのが難しいです。

北海道を代表する大都市である札幌市も、不動産投資に向いた地域と言えます。札幌は北海道唯一の政令指定都市で、地域に密着した企業や学校などがあります。最近では外国人観光客も増えるなど活気があり、北海道の文化や交通の中心のため市内の幅広いエリアが人気です。

そんな札幌市では基本的に、地下鉄駅の周辺地域が不動産物件の投資の際には人気となっているのです。ただしそこで気になるのは、幾つもある地下鉄駅の中からどの駅のエリアを選ぶかですが、基本的に地域交流拠点に選ばれた駅であれば発展が望めるという事になります。

もっとも地域交流拠点になっている地下鉄駅は多くありますが、特に発展が期待出来るのが地下鉄平岸駅周辺地区です。地下鉄平岸駅周辺地区は開発の取り組みとして、札幌市のウエブサイトに掲載されているのでより一層の発展が期待出来ます。なので不動産物件に対する需要や価値も、高まる可能性が高いです。

地方都市は大都市に比べると土地の価格が安く、地域に密着した企業や学校などがあるため不動産投資をする場所として注目されています。なので初心者は人気エリアで土地が売りに出されると、慌てて購入してしまい失敗するケースが珍しくないので注意する必要があります。だからこそ人気エリアで土地が売りに出されても、直ぐに飛び付かずにチェックすべきです。

注意すべき点としては、地盤に問題があるケースだったりします。地盤に問題がある土地は幾ら利便性が高い地域でも、上手く活用出来ずに資産価値は下がってしまうので手出しすべきではないです。接道義務を満たしていない土地にも、注意が必要だったりします。接道義務を満たしていないと、建て替えや新たに建物を建てる事が出来なかったりするので、購入しても土地を有効活用出来ない可能性が高いです。

全くの初心者が、失敗することなく人気エリアの土地を購入するポイントは

人気エリアの土地は注目度が高くて坪単価も上がる傾向があり、全くの初心者が失敗をしないようにするためには最適なタイミングを決めることが求められます。土地の価格は不動産情報サイトを参考にすると知るきっかけになり、周囲が発展すると上がるためその前に購入する方法が望ましいです。

不動産情報は会社の担当者とコミュニケーションをすると動向を分析してもらえ、失敗をしないようにするためにはより多くの情報を知る必要があります。全くの初心者は安易に決めるとイメージとは違った結果になりやすく、セミナーに参加して専門家のアドバイスを聞いて判断することが大事です。

土地の価格は社会情勢や周辺の再開発などの状況で変動し、常に一定ではなくより多くの情報を得てから決めないと想定外のことも起きてしまいます。失敗する要因は人気エリアのため入居者を見込めると思ったものの、要望とは違っていたため空室が発生する傾向が強いです。

人気エリアの土地は購入する希望者が多く競争が激しいため、せっかく良い場所を探してもチャンスを逃すこともあります。失敗をしないようにするためには最適なタイミングで購入するように内容を比較し、信頼できる不動産会社を探して相談することが重要です。

まとめ

不動産投資をする時は土地の選び方が重要で、鉄板の人気エリアの特徴を知る必要があります。土地の価格は同じ場所でも周辺の状況などで大きく変わりやすく、不動産情報サイトなどで坪単価の動向を分析することが大事です。

不動産投資は坪単価が高いエリアを選ぶと購入する物件の価格が高く、ローンの返済期間が長くなるため収益を出せるまで時間がかかります。逆に、坪単価が安い場所を選んでも不便なために入居者が集まらないため、空室が発生してローンの返済のほうが多くなることもあるものです。

土地を購入する時は場所ごとの坪単価を分析し、今後の発展状況を予測して安定した入居者を確保できるように決めることが求められます。不動産投資は人気エリアの特徴を知ると物件を購入すると利益を出せると思われがちですが、予想が外れて入居者を確保できずにローンの返済も難しくなることも多いです。

土地を購入する時は価格が高いためローンの返済期間が長くなり、利益を出せるようにするためには入居者のニーズに応える必要があります。入居者は安心して住みやすい環境を求めているため、設備の維持管理をすることや積極的にコミュニケーションをすることが大事です。

土地は周辺に企業や学校などが立ち並ぶと坪単価は上がる傾向があり、事前に予測して最適なタイミングで購入するように考えると利益を出せます。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。