初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

これからの世の中はブロックチェーンでこんなに便利になる

キャッシュレス スマホ決済 スマホをもつ女性のイラスト

急速に世の中に浸透してきているブロックチェーン技術。ブロックチェーン技術の最初の論文が2008年に投稿されて、2009年からビットコインで初めてこの技術が利用されました。

ブロックチェーン技術を利用すれば、改ざんやハッキングの問題が完全に解消されます。そして、SNSや金融の分野でいち早く取り入れられて、その普及スピードは年々加速しています。

ここでは、来年2020年の東京オリンピックも重なり、ますますこの技術が世界中に必要とされてきます。インターネットの次に革新的な産業革命が起きる理由を紹介していきます。

ブロックチェーン技術って何?

ブロックチェーンとは、鎖のようにブロックが途切れることなく繋がって、情報がどこからどこへ移ったのか記録が残るということです。

例えば、一つの中央サーバーに情報を格納しているのではなく、一人一人が互いに監視を行う分散型の台帳の役割を担うので、サイバー攻撃を受けて被害を被ることがありません。

今は情報が最も重要と呼ばれる時代であり、インターネットに繋がっているとハッキングなど、1秒で個人情報を盗まれる可能性があります。そして、この技術はインターネットとの相性が良く、様々な分野に実装されていくことが期待されています。

金融、物流、不動産、IT、自動車、クレジットカードなど、インターネットと情報を結びつける分野は膨大な数が存在するため、数年~10年の間に、日常生活になくてはならないものになってくることは容易に想像できます。

人は一度便利なものを手に入れると、手放せなくなるので、成長過程初期の今が投資するチャンスと言えるでしょう。

また、先進国だけではなくこれから発展が著しい国でも、爆発的に普及していきます。生活があまり豊かでない国でも、インターネットやスマートフォンは持っている人が多いので、このような便利な技術が浸透していくと、必ず利用して広まっていきます。

2019年8月の時点で、暗号資産全体の時価総額は約30兆円ほどですが、これから着実に増加していきます。ちなみに他の市場と比較すると次の通りです。

・法定通貨 約9000兆円
・株式市場 約8000兆円
・金    約800兆円

ブロックチェーンのメリットについて

現在では、ブロックチェーンのカンファレンスが世界各国で催されています。世界各国も、この未来の技術をいち早く取り入れる姿勢を見せています。

ブロックチェーンの一番のメリットは、分散型ネットワーク管理のため、誰かが情報操作して改ざんや盗難ができない点です。そして情報は誰から誰に渡ったかが記録に残ります。

国は法定通貨に代わる暗号資産の存在をあまり歓迎しないと思われがちですが、良い側面もあります。まず税収が増えることが予想されます。

ブロックチェーン技術を利用すれば、お金の流れが全て記録されるので、脱税が起こることがありません。そして振り込め詐欺など、個人間のやりとりもブロックチェーン上にすべて記録に残るため、防止することができます。

決済・送金での利用、銀行の在り方が変わる

日本人であれば、誰もが1つは銀行のキャッシュカードを持っています。そして、日常的にお金の送金や引き出しをして利用しています。また銀行からお金を借りることもあると思います。

お金を増やすために銀行を利用している人はいないでしょう。それは、日本は金利がとても低いからです。

また、クレジットカードが登場して決済方法は変わっていきました。お金は、現金からキャッシュレス決済に移行していきます。しかし、日本は先進国の中で最もキャッシュレス化が遅れている国となっています。

グローバル化が進んだ現代では、通貨が違う国で現金払いをする人は少ないでしょう。ほとんどが電子決済を利用しています。それはそちらの方が便利だからです。

携帯電話がスマートフォンのように進化していったように、お金の形も今変化しようとしています。これは革命的な出来事です。国が暗号資産をお金と認め、有名な大企業も続々と参入しているということは、これが一過性のもので終わるはずがありません。

暗号資産とブロックチェーン技術は、これからの近い将来をより便利に豊かにするツールになるので、私も情報を精査してこの分野に投資をしています。

世界中の企業でブロックチェーンの採用を進めている

世界中の国や企業がブロックチェーンの技術を取り入れて、新たな市場を開拓しようとしています。

【金融】 
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行 など
 銀行間の送金の実証実験を進めている。

【医療】
 データ改ざんが困難な技術のため、患者の個人情報の管理に有効。

【自動車】
 ・トヨタ自動車
 ・デンソー

 自動運転やカーシェアリングなど、データの管理、改ざん防止に有効。

【コミュニケーション】
 SNSなどのフェイスブックや、ツイッター、インスタグラムなどで、ブロックチェーンの技術を導入する計画が進められている。代表例が、フェイスブックのデジタル通貨のリブラ。

【物流】
 商品に見えないタグをつけることで、ものの移動をすべて管理。商品の偽物が流通しない仕組みにも応用できる。

【決済】
 今までは、企業同士や企業と個人の間で、電子マネーの移動ができていたが、ブロックチェーンを用いると、個人間でのやりとりが可能になる。交通系の電子マネーのSUICAに、近日中にブロックチェーンの技術が導入される予定。
 
 東京オリンピックに向けたキャッシュレス化の流れで、各社がQRコード決済を宣伝しているが、ブロックチェーン技術が導入されていないため、ハッキングなどでお金が盗まれる可能性がある。

まとめ

 ブロックチェーンについて、ここまでお話をしてきました。2019年、世界で暗号資産を最も所有している国、日本でさえ所有経験のある人の割合は 1割に満たない状況です。

 唯一、法定通貨と直接交換ができるビットコインにおいても、現在は投機目的で所有している方がほとんどです。ですので日常生活でビットコイン決済をする人はまだまだ少ないと思います。

 しかしながら各暗号資産は、発行上限が設けられているものがほとんどなので、マイニングにより採掘ができる枚数が限られているということです。

 もし、これから欲しい人が世界中で増加していくとなると、供給量が決まっているものに対して価値はどう変化していくでしょうか。価値が上昇していくことは明白です。

 特にビットコインは、2100万枚が上限なので、この枚数を欲しい人の数で割ると、均等に分配して一人あたりが所有できる数がわかります。簡単に計算すると、世界の人口が約70億人なのを考慮すると、その1 %の人が手にできるのが約0.3 BTCになります。
 
 現在の1ビットコインの価格が約100万円なので、現在の価値で30万円を支払えば、将来の世界の上位1 %のビットコイン保有者になれるということです。

 未来のことなので、誰も予測することはできません。しかし、もし今の想定通りの普及が実現すれば、今投資した人が大きな資産を築くことができると考えられます。

 ビットコインを増やす方法としては、➀取引所で購入する、➁他のアルトコインでBTCに交換する、➂マイニングによりもらう、の3つの方法があります。

 私は、➂のマイニングによりビットコインを毎日もらっているので、近いうちに価格が上昇した時、利確したいと考えています。ビットコインのマイニングの方法について、このサイトでも紹介していますので、参考にして頂ければと思います。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。