初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

投資家マインドを築いていくために必要なこと

投資で成功した人に共通することはいったい何なのでしょうか。投資とは、将来的に元本よりも多く利益が戻ってくることを期待して取り組むことが、一般的です。

短期、中期、長期と、投資にも色々種類がありますが、資産を増やせる人の特徴には、必ずマインドの話が関与してきます。どうしたら勝てるマインドになれるのか、参考になる情報をお伝えしたいと思います。

最初から成功する人はいない、失敗をどのように考えるのかが大事

現在、投資だけで生活している方や、年収億を越えるような方が世の中にはいます。華々しく見えますが、このような成功者でも、初心者と言われる時期が必ず最初にあったはずです。

ですが、最初から順風満帆なスタートを切った方は、非常に少ないことがほとんどでしょう。誰しも、その道のプロになるまでの道のりがあるのは、当然のことです。

ホリエモン(堀江貴文さん)は、過去にこのような話をしていました。「チャレンジしなければ失敗をすることはないが、成功することもありえない」というフレーズがあります。

まさにこの言葉の通りで、成功者になりたければ、必ず失敗は避けられないということです。小さな失敗であれば、たくさん経験した方が良いと思っています。失敗を重ねるごとに、成功への道は近づいていきます。

大事なのは、失敗で何を学ぶかと、その後の行動に活かせるかということです。失敗したからそのまま思考停止、となっては前に進めるはずがありません。

私も、過去に何度も失敗をしましたが、そこで得られるものも多いので、何もしないよりチャレンジした方が良いです。そして年齢は若ければ若いほど有利です。

このホリエモンの演説は、いつも原点に戻れるので定期的に見るといいですね。

思考が現実化するというのは本当?思考が停止した場合の対処法とは?

「思考」⇒「行動」⇒「結果」というサイクルがあります。自分の中で何か成し遂げたいことがあった時、その原点は自分の頭の中にあります。人間の思考というのは、とても素晴らしい側面があります。

ポジティブに考えられる人に、成功者が多いのは皆さんもよくご存じだと思います。ネガティブ思考の人に、成功者はいないのも事実です。成功者の思考と同じように自分もできれば、成功へ近づくことができます。

しかし、もともとメンタルが強い人、弱い人、がいるのは仕方がありません。弱い人は、強くなるように日々トレーニングをすれば矯正することは可能です。

では、どのようにすれば一番効果が高いのでしょうか?

それは、成功者と一緒にいる時間を持つということです。今の時代は、芸能人や資産家でなくてもお金を稼いでいる人はたくさんいます。インターネットが普及していった結果、ネットで稼げる時代に入ったからです。

SNSが急速に普及しているので、投資系のコミュニティーやネットビジネス系のコミュニティーなどがあります。個人投資家の方で、株やFXで稼いでいる方が主催するコミュニティーも、フェイスブックやラインなどで募集していたりします。

まず、その道のプロの方と接点を持ち、そこで様々なノウハウやメンタル面などを教えてもらうのが一番の近道だと思います。周りには、自分と同じ位置にいるメンバーもいたりして、モチベーションも高め合うことができます。

思考停止になる場合とは、自分一人でうまくいかなかった時に起こります。素人であれば、必ず壁にぶつかる時がきます。そこで心が折れて諦めてしまうと、そこで終わりです。前には進みません。

なので、周りに夢を実現したいと頑張っている人や、憧れる人と一緒にいる環境に自分の身を置くことが、重要なポイントとなります。

投資は自己責任だが、失敗の経験を重ねていくと回避する方法が身についてくる

「投資は自己責任」という言葉があります。投資を勧められて、自分で取り組んだ結果、うまくいかなくても勧めた人に責任転嫁することはできません。投資では100 %勝つことはできません。勝ち負けを繰り返しながら、利益を出していくのが通例です。

投資の資本は現金です。例えば、利回りが同じでも、元本の額が高ければ高いほど、その分リターンも大きくなります。資本主義社会では、このように資本を多く保有している人が、より多くの恩恵を受けられる仕組みになっているのです。

最初は失敗(負け)の確率が高いケースでも、続けることによってスキルやメンタルが鍛えられ、その環境に順応していくので勝率は高まっていきます。

金融業界でプロのファンドマネージャーが多額の利益を得ているのが、その例でしょう。

最初はうまくいかなくても、正しい方法で続けていけば、誰でも勝てるようになるのです。

投資マインドの実例(金融トレード編)

サラリーマンの間で人気なのが、株やFX、バイナリーオプションです。これは、企業の株や為替価格がトレードの時間内で上がるか、下がるかを予想して利益を得る投資方法です。

短期間で利益を上げられますが、一瞬で資金を溶かしてしまうリスクもあるハイリスク・ハイリターンの投資です。しかし、この手の投資には、必勝法があります。勝てるチャートの時だけ、賭けるのです。

その目を養うことで、トレーダーは稼いでいます。そして、精神面のメンタルも持ち合わせていなくてはなりません。100 % 勝ち続けることは無理ですから、勝率90 %を目標に50 %から勝率を上げていけばいいのです。

投資マインドで一つわかったことが、人間は同じ環境に長くいれば、自然と順応するということです。最初は、負けると悔しくてすぐに取り返そうとしますが、それでは勝つことはできません。

勝てる確率の高いパターンの時だけ勝負することを徹底できれば、自ずと勝利は見えてきます。欲をかくと原点からブレるので、負けやすくなります。

それを身に付けるには、書籍やセミナーで話を聞いただけでは絶対に自分のスキルにはなりません。

本人が、本番でトレードをする、もしくはデモトレードで何回も練習し、この時は負ける、この時は勝てるという感覚を養っていくしかありません。

そして、プロの現役トレーダーから直接アドバイスをもらうことが一番の近道となります。

私は、元リーマンブラザーズのトレーダーから、直接アドバイスを受けて勝てるチャートも見方を教わったので、勝てるようになりました。メンタルも最初と比べて強くなりました。

投資マインドの実例(不動産投資編)

不動産投資のケースでは、最初に資金がある程度ないと始められない点もあり、他の投資とは少し異なるかもしれません。

しかし、不動産投資は、不動産も担保として評価してもらえる場合、金融機関からさらにお金を借りやすくなるので、運営が軌道に乗ると雪だるま式に資産が増えていくという特徴があります。

不動産投資で成功する鍵は、ほとんどがマインドの部分を占めます。融資が下りない、良い物件が見つけられないという壁にぶつかった時、それでも行動を続けられるかがポイントになってきます。

不動産は流動性が少ないので、すぐに売却したり、良い物件が出てくる頻度は少ないです。そして、不動産投資はチーム戦です。自分一人で運営は出来ません。

お互いにwin-winの関係が成立して初めて、取引が成立します。

成功している大家さんは、本を出版したりコミュニティーを作って活動している場合が多いので、一度書籍を読んで情報を収集してみることから始めるとよいと思います。

基本は入居してもらって家賃収入を得ることなので、そのノウハウをどのように自分のスキルに変えていくかがポイントとなります。
私も、大家の会で色々と学びましたので、そのような環境に身を置いてみることも一つの選択肢であると思います。

まとめ

私が経験してきた中で、やはり投資のスキルを身に付けるのは、早ければ早いほど良いということです。日本人は、投資の教育をされてこなかった人がほとんどだと思います。

普段はサラリーマンや自営業で働き、給料を得て生活をすることが当たり前という社会構造になっています。ですので、投資で楽してお金を稼ぐのは良くないという考えを持った人も、中にはいるかもしれません。

しかし、これからの世の中、自分の身は自分で守っていかなくてはいけない段階にきています。国や会社が保証してくれる時代は終わっていることを肝に命じておかなければなりません。

だから投資のスキルを身に付けて、自分で稼ぐ力を付けていかなければいけないんです。「決断」と「勇気」が人生を変えることに繋がります。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。