初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

ビットコインボルト(BTCV)、今のタイミングが最適な理由について

2017年末の暴騰以来、低迷を続けていた仮想通貨ビットコインも、ゴールデンクロスを迎えて、いよいよ次の暴騰に向けて準備をするタイミングに入ってきました。

今世界中で、仮想通貨に投資をしている人たちは、唯一ビットコインから法定通貨に換金できることから、最終的にはビットコインを何枚持つことができるかを、特に重要視しています。

私も、仮想通貨の未来に期待しているうちの一人ですが、直接ビットコインを購入したくても、2020年2月現在、1枚約100万円するビットコインを、実際に何枚も取引所で購入することはできません。

では、どのようにすれば少ない資金でビットコインを集められるのか、本記事にてご紹介したいと思います。

もくじの各タイトルをクリックすると、記事に移動します。

ビットコインボルトのマイニングに参加された方へ【期間限定プレゼント企画】

サイトに記載させて頂いております、チーム松岡プロジェクトに、私の紹介IDから参加された方には、時価5000円分のBTCVをプレゼント!

・ご自身にて参加
・ご友人を紹介して参加

どちらの場合でも結構です。

ご興味があるという方は、下記の”お問い合わせフォーム”よりご連絡ください。
詳細をお知らせいたします。

お問い合わせフォーム

ビットコインボルトのマイニングへの参加サポート【無料】

本サイトをご覧頂き、ありがとうございます。

最近、暗号資産のビットコインボルトの噂を聞いて、マイニングシティのBTCVマイニングに参加したいけど、参加方法がよくわからないという方向けに、無料でサポートをさせて頂きます。

chatworkにて、グループもしくは個人でのやりとりを通じて、下記のお悩み等にお答えいたします。

・仮想通貨取引所口座の開設をしたことがない(仮想通貨の購入の仕方からわからない)
・マイニングシティの解説動画はたくさんあるけど、見てもいまいちよくわからない
・自分で行うのは、面倒。代行でビットコインボルトのマイニング登録をしてほしい
・一番お得にBTCVのマイニングを開始したい(自己アフィリエイトを含めて)
・ビットコインボルトって、どういう暗号資産なの?今後の期待値は?
・チーム松岡プロジェクトxについて教えてほしい

まずは、以下のURLよりchatworkの無料登録を行ってください。

登録が終わりましたら、以下のお問い合わせフォームより、”ビットコインボルト無料サポート希望”と送信してください。
尚、メールアドレスは、chatworkで登録頂いたアドレスをご使用ください。

暗号資産が盛り上がる2021年に向けて、ビットコインボルトで資産を築いていきましょう。

お問い合わせフォーム

今ビットコインボルトを持つなら、暗号資産の知識も一緒に身に付けよう

プロジェクトXとチームメンバーの成功を第一に考えた暗号資産精鋭チーム

TEAM松岡プロジェクトXとは、まずはこれを観てください

徹底したサポートと情報共有により、知識、資産とも人生構築できるよう、次のステージのステップアップとしてプログラムされています。

そして、下の解説動画がビットコインボルトの全てがわかるようになっています。
是非お時間がある時にご覧ください。今のタイミングが資産を増やす絶好のチャンスです。

➀登録代行
➁オンラインサロン(毎月2回)
 1.プロジェクトX基礎知識
 2.ウォレット管理方法
 3.出口戦略
➂暗号資産スペシャル研修(毎月1回)
 1. 基礎知識研修(守)
 2. マーケティング研修(攻)
 3. 富裕層の為の出口研修(殖)
➃暗号資産オタクとの交流会
 全国の繋がりと情報共有の場

参加資格
以下から600ドル以上のプロジェクトXプランに入るだけで、300ドル分(1200日毎日BTCVが貰える)をプレゼント
600ドルプランで、参加資格があります。

以下フォームよりご記入ください

紹介者者 田尾
紹介者ID hiro0108x

特別専用ラインに、振込確認後、順番に登録、配置していきます。

ビットコインボルトについて

ビットコインボルト(BTCV)について、紹介したいと思います。ビットコインボルトは、2019年12月21日に、Coineal取引所にて初めて上場した仮想通貨です。

発行上限枚数は、2100万枚で、ビットコインと同様です。マイニングによってのみ、手に入れられる仮想通貨で、ビットコインと同じマーケティング手法を取っています。

2019年12月初旬より、ビットコインボルトの初めてマイニングが開始されました。その後すぐにCoineal取引所にて上場したという発表がありました。

ビットコインボルトの開発元については、後述させて頂きます。

そして、ビットコインと大きく異なるのが、半減期までの期間になります。ビットコインは2009年1月に初めてマイニングが開始され、4年に1回半減期を迎えます。

半減期とは、マイニング報酬が半分になる時期を指します。ビットコインは最初、10分ごとに50枚のマイニング報酬でした。

一方で、ビットコインボルトの半減期は6か月で、ビットコインよりも短いのが特徴です。10分ごとに175枚のマイニング報酬から始まり、その後半年に1回ずつ半分にはなりませんが、150枚、125枚、100枚、75枚とマイニング報酬が減少していきます。

最初の半減期までに、総発行枚数の25 %である約520万枚が採掘されることになります。ビットコインボルトは2020年5月に、最初の半減期を迎えます。

なぜ、ビットコインボルトを推奨するのか、理由を説明したいと思います。

・マイニングの種類がASICと呼ばれるマシンを採用している点
世界の仮想通貨マイニング全体の約70 %がビットコインに対するものです。マイニングにより採掘できる通貨は他にもたくさんありますが、経費と利益を天秤にかけた時に、利益が得られなければ、やる意味はありません。

ビットコインは、残り約300万枚程度しかマイニングすることができませんが、それでもマイニングに参入する価値がそれだけあることを意味しています。

マイニングするには、専門の計算マシンが必要です。大きくわけて以下の2種類が存在します。

➀ASICマシン
こちらは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングに対応したマシンです。BCHは、ビットコインからハードフォークして誕生した通貨です。

そして、今回ビットコインボルトが3番目の通貨として、ASICマシンでマイニングできることになりました。今後、世界から注目されることになるでしょう。

➁GPUマシン
こちらは、上記以外の通貨をマイニングするマシンです。イーサリアムなどは、GPUマシンにてマイニングされることになります。ただし、ASICマシンに比べて、こちらのマシンは、経費がかかります。利益率で比較すると、ASICマシンでマイニングする方が効率的なのです。

・マイニングの演算処理能力であるハッシュレートが、最初のマイニング開始時点から、すでに集まっている点

このハッシュレート値というのが、とても興味深い内容になります。マイニングされている通貨は、ハッシュレート値といって、どれだけの人がマイニングしているかを簡単に確認できる数値があります。

これまでの結果より、このハッシュレート値が高くなればなるほど、市場価格も上がっていく傾向にあるのです。代表的な、ビットコイン、ビットコインキャッシュにおいて、2通貨ともに、ハッシュレート値と価格が綺麗に比例していることがわかっています。

そして、今回のビットコインボルトですが、購入者向けにマイニング報酬の支払いが開始されたのが2019年の12月からですが、すでにその当時ビットコインキャッシュの1/4程度のハッシュレート値が集まっていたのです。これは衝撃の事実です。

最もマイニングにより報酬が貰える初期の段階で、しかもまだ最初の半減期さえも迎えていないビットコインボルト。今の段階でマイニングに参加できれば、最も効率的にビットコインボルトの枚数を貯めることができます。

そして、価格が総じて低いという点です。これは、ビットコインボルトの価格が、まだまだ適正価格ではないということです。周りが注目し始める前に、取り組んだ人が大きく利益を上げることができると考えられます。

・運営元が、デジタルマイニング協会の会長を務めるMINEBEST社のイエールCEOである点

そして、このビットコインボルトを開発したのが、MINEBEST社のイエールCEOです。全世界のマイニング企業のTOP100が加盟しているデジタルマイニング協会。この最高責任者であるのが、イエールCEOです。

マイニングのことなら、全てを把握しているともいえるイエールCEOが関与しているという点、どのように思われるでしょうか。このプロジェクトを立ち上げた理由、それは、ビットコインの不平等を少しでも改善することが挙げられます。

今、ビットコインをたくさん保有されている人は、これまでにビットコインをマイニングにより手にされてきた方たちです。全体の0.4 %の人が、全体の半分程度のビットコインを保有していると言われています。

この一般的にクジラと呼ばれる方たちにより、市場価格が動かされる可能性は否定できません。

そこで、イエールCEOは、ほんの一部の人が大量に保有するビットコインの問題に対して、新たなプロジェクトで改善しようと試みているのです。ビットコインボルトは、ビットコインと全く同じマーケティングを取っていますが、少額で多くの人が参加できることを念頭に置いて、プロジェクトに取り組んでいます。

ビットコイン初期のマーケティングと同じタイミング

ビットコインボルトは、2009年からマイニングが開始したビットコインと比較して、まさに今がそのタイミングになります。ビットコインが無価値だった時期、そのタイミングと同じなのです。

にもかかわらず、すでにビットコインボルトはコインニール、Liquid、MXC、Hotbitに上場しています。2020年5月末から、2週間に1取引所ずつ上場先を増やしていくようです。2020年5月時点では、1枚約15000円の価格も付いている状況です。そして、今から約3年半から4年程度で、ビットコインと同じ枚数が世の中に出ていくことになります。

その時、ビットコインボルトは果たしていくらの価値が付いているでしょうか。今よりも上がっていることは想像に難くありません。

マイニングシティでのビットコインボルトマイニングの期間が1100日なので、ちょうどその頃と重なることもあり、マイニングが終了する頃、ビットコインボルトの保有価値が楽しみになるかと思います。

エイダコイン(ADA)のような数百倍の価格上昇に期待できる、投資タイミング

過去に、エイダコインと呼ばれる、アルトコインが暴騰するきっかけになる代表的な通貨がありました。最高800倍になったと言われ、当時は最低投資価格が、10万円からであったので、仮想通貨の価値で1億円以上になった億り人も多数輩出されました。

これは、すべてが投資するタイミングと言ってもいいでしょう。今同じ通貨を購入しても利益はほとんどありません。

投資はタイミングで、天と地の差がありますので、ビットコインボルトのマーケティングから考えても、今のタイミングで参加するとこれから面白くなるかもしれません。

ビットコインボルトのマイニングができる「マイニングシティ」について

こちらについては、別の記事で紹介していますので、以下を参照とさせて頂きます。

マイニングシティでビットコインを増やし、億り人を目指そう!

創業期に投資して、最終的にビットコインをたくさん得ることが理想的

ビットコインを、将来的に何枚持てるかが、今後資産を形成する上で重要になってきます。ただ、ビットコインを取引所で購入する場合、1枚100万円程度するので、一般の人が何枚も購入することは、現実的ではありません。

仮想通貨のトレードでも、多くビットコインを手に入れられる可能性はありますが、大きく損をすることも考えなくてはなりません。

そうであれば、創業期に投資して、価格の大きな上昇が見られる通貨に投資するという選択もあります。ビットコインボルトは、レバレッジをかけて資産を増やすことができる投資法の一つと言っていいでしょう。

マイニングシティでのマイニングと取引所での購入の比較

ビットコインボルトは、現在マイニングシティに参加することでマイニングにより手にするか、取引所で購入するかになります。マイニングと取引所での購入どちらが良いのか、比較したいと思います。

・マイニングによる取得
マイニングは、一気に枚数を手にする方法ではありませんので、時間をかけてコツコツと枚数を増やしていく方法になります。いわゆる中長期投資です。ビットコインボルトが2~3年後に大きく価格が上昇して、その頃に売却をすることを考えると、良い選択であると言えます。

そして、何よりマイニング開始の初期の段階で参入すること、これが最大のメリットです。なぜなら一番多い条件でマイニング報酬を手にすることができるためです。
今、取引所で購入するよりも、マイニングに参加した方がより多くの枚数を手に入れられると考えられます。

・取引所での購入
直接、取引所で購入することもできます。しかし、取引所で購入できる数には限りがあり、コイン価格もまだまだハッシュレート値に近づくまで上昇していきます。

将来的に価格が上昇すると考えて、今購入するのもありですが、効率的に枚数を貯めるのであれば、マイニングに参加する方が良いと思います。

ハッキングされないデジタルゴールド(ビットコインボルト)

ビットコインボルトが持つ特長について、少し紹介したいと思います。

現在、世の中に発行されている約5000種類の仮想通貨のうち、ハッキングが不可能な機能を持つコインは、唯一ビットコインボルトしかありません。

いったいそれはどういうことなのでしょうか。

全世界の仮想通貨の取引所で、法定通貨と仮想通貨を交換できますが、その取引所がハッキングの被害に遭ったということは、過去に何度もあります。
日本では、コインチェックのハッキング事件が有名ですね。

一時、運営を停止して、業務改善を実施したあと、現在運営を再開しています。仮想通貨を保管しておく場所については、コールドウォレットと呼ばれる、インターネットと繋がっていない環境下で監視する企業が増えました。

しかし、法定通貨と交換したり、他の仮想通貨と交換したり、新たに購入する仮想通貨を、コールドウォレットに保管しておくわけにはいきません。

ハッカーと呼ばれる人たちは、どんなにセキュリティーを強化しても、それを破る形で何度もハッキングを仕掛けてきます。今後、ブロックチェーンがない世の中は存在しないと言われているので、仮想通貨の普及も加速していくことと考えられます。

そうなると、取引所が最も恐れるのがハッキングなのです。

ビットコインボルトは、そのハッキングを無効にすることができる機能が搭載されている仮想通貨です。ハッキングだけでなく、個人が使用する場合にありがちな、送金アドレスの誤送信による仮想通貨の紛失にも有効です。

ビットコインの画期的な機能が、ハッキングや誤送信が確認されてから、24時間以内であれば、それを無効化できるのです。

この機能により、取引所も個人もそういった不安から解消されるでしょう。ビットコインボルトの今後の躍進に期待していきましょう。

ビットコインボルトの価格推移が好調

4月現在、取引所でビットコインボルトの売買をできるところが、Coineal取引所です。

4月に入ってから、ビットコインボルトの価格が急騰しています。ビットコインを含め、ほとんどの仮想通貨価格が低迷している中で、ビットコインボルトだけ上がっているような状況です。

画面の縦の点線が、2020年4月1日時点なので、価格が上がってきているのがわかると思います。しかし、5月現在の時点では、1枚あたり15000円の価格までさらに上昇しています。

・ビットコインボルトの価格

2019年12月21日上場時の価格 BTCV 1ドル(約110円)
しかし、この価格で買えた人はいません。そもそもマイニングによって発行される通貨なので、その当時、取引所から供給できる枚数はかなり少なかったです。
正月に向けて1000円弱で推移していました。

2020年1月1日 BTCV 約1000円

2月1日 BTCV 約1500円

3月1日 BTCV 約2000円

3月から4月の期間に、コロナショックによる仮想通貨の暴落も起きましたが、ビットコインボルトは、ほとんど価格に影響を受けていません。

4月1日 BTCV 約2300円

4月18日 BTCV 約6500円

5月5日 BTCV 約11,000円

5月24日 BTCV 約15,000円

4月に入ってから、ビットコインボルトの価格は上昇し続けています。

まだ、ビットコインボルトのプロモーションは何もされていないのですが、これからの期待度が伺えます。現在のBTCVのマイニングのハッシュレート値から計算すると、400ドル(約44,000円)くらいあってもいいと言われています。

ビットコインボルトの入出金と売買方法について

・BTCV(ビットコインボルト)出入金について

・BTCV(ビットコインボルト)売買について

ビットコインボルトのマイニング報酬の紹介

ビットコインボルトのマイニングが行える唯一のクラウドマイニングが、マイニングシティです。マイニングシティの紹介は、当サイト内でも説明していますので、参考にしてみてください。

何といっても、ビットコインボルトのマイニングの魅力は、投資タイミングが最適な時期ということもあり、現在の報酬枚数が多いことです。

一方でビットコインのマイニングは、2020年5月21日に3回目の半減期がくるということで、さらにマイニングにより受け取れる枚数も少なくなり、競争率もかなり高いので、結局のところ、利益はそこまで得られない状況が続いています。

ビットコインボルトは、ビットコイン、ビットコインキャッシュに続き、この2種類のマイニングと同じタイプであるASIC型のマイニングマシンで採掘ができる3番目の通貨ということになります。この情報だけでも、これからが面白くなりそうですが。

マイニングシティのマイニングは、1100日間継続されます。毎日、マイニング報酬が入り続けます。2020年4月18日のビットコインボルト(BTCV)の報酬画面がこちらになります。

こちらは、3500ドルプラン購入の場合における、1日のBTCV報酬画面になります。合計で17.29ドル(約1900円)になりますね。この条件で月に換算すると、57000円。月利14 %の実績です。

当然条件は、日々変わりますので、一概には言えませんが、1100日間のマイニング期間があるので、価格が上がればさらに面白くなりそうです。

マイニングシティのマイページ操作方法のマニュアルについて

マイニングシティの公式テレグラムより、マニュアルの動画がアップされました!

マイニングシティに初めて参加してみたいとお考えの方に、わかりやすい動画になっています。是非参考にしてみてください。日本語の字幕になっています。

動画の画面は英語表記ですが、日本語に設定することもできます。

会員登録とプラン購入の動画を見てください。

・[マイニングシティ] 会員登録

・[マイニングシティ] プラン購入

プランを購入する時、30分以内に送金完了できていない場合は、マイニングシティから返金または、足りない金額を追加してくださいと、ダッシュボード上でアナウンスがありますので、安心してください。

ビットフライヤーやcoinealなどの取引所から、ビットコインまたはビットコインボルトを送金すると、30分以内に送金が完了できない場合があります。必ずブロックチェーンウォレットなどの個人ウォレットから、指定のアドレスへ送金するようにしてください。

※ブロックチェーンウォレットの開設方法についてはこちら

ブロックチェーンウォレット(Block Chain wallet)の作成(開設)方法について

稀に、指定の仮想通貨枚数よりも多く送金する方がいますが、各購入プランで表示される”指定の枚数”を送金するようにしてください。

・オフィス

ビットコインボルトが、他とは違う勢いがある理由とは

ビットコインボルトの価格上昇が止まりません。チャートを見るとわかりますが、上下に変動しながらも、4月から上昇し続けています。

では、なぜこのような状態を維持しているのか、ポイントについてまとめたいと思います。

➀マーケティングがしっかりしている
 ビットコインボルトのマーケティングは、ビットコインと同じです。マイニングでのみ世の中へ発行されていきます。最初に、運営側が準備してから配る方法ではないのです。

 需要が生まれていない段階から、コインだけを配っても、誰も買いたいという人はいません。特に暗号資産は、まだ未知の分野なので、未来への期待値が大きくても、それに需要が追い付いていません。

➁マイニングのハッシュレート値が集まっている

 マイニングのハッシュレート値は、市場価格とほぼ相関関係があること。ハッシュレート値とは、コインをマイニングしているパワーの大きさです。マイニングをしている人が多いほど、ハッシュは上昇します。

 基軸通貨であるビットコインのハッシュレート値が、他のコインと比べて群を抜いて大きいので、価格が高いのです。ビットコインボルトは、まずマイニングシティというコミュニティを作り、そこでマイニングする投資家を集めてから、マーケティングを仕掛けていきました。

 そして、ビットコインは、マイニングに参入する人が多くなりすぎており、2020年5月の半減期後にはマイニング報酬も半分になることから、これからは利益を出すのが困難になってくることも予想していました。

マイニングシティの会員によるBTCVマイニングの売上だけで、すでに十分なハッシュが集まってしまったのです。

➂セキュリティ技術の凄さ

 セキュリティの面で、暗号資産業界で世界最高峰の技術を有するイスラエルのヘキサグループとタッグを組んで開発している。

発明家でもあるビットコインボルト開発者のイエールCEOには脱帽です。ビットコインボルトは、ビットコインの性能は全て備わり、送金アドレスのミスによるご送金や、ハッカーによるハッキングを24時間以内なら無効にできる機能が搭載されます。

➃資産として保有される価値がある
 2020年内に、数十の取引所に上場されることが決定しています。

取引所にとっても、ハッキングの脅威から守られるため、とても魅力的な暗号資産なのです。ステーブルコインであるUSDTが、現在時価総額ランキング4位ですが、これも、ビットコインの価格変動から資産を守るために、一旦USDTに交換しておくという需要から、上位にランキングが上がってきました。

ビットコインボルトも、ハッキング無効の暗号資産として、世の中に広まっていきます。ますます取引量が増えて、さらにマイニング枚数が減るに従って、価格は上昇していくことでしょう。

➄開発に携わっているチームが暗号資産業界の中で一流

 暗号資産業界は、成功しているチームと繋がりがあるかが、とても重要です。

ビットコインの次に有名なイーサリアムの元CEOであるチャールズ・ホスキンソン氏をはじめ、アメリカ政府から軍のセキュリティー強化の打診依頼があったオーブスのチーム、他にも様々な著名なチームと関わりがあることが、何よりの安心材料となります。

そして、現在のマイニング業界の最大手プールとすべて繋がりがある、イエールCEOは、このプロジェクトを成功させるために、様々な施策をこれから打ち出していきます。

まとめ

ビットコインボルトについて、紹介をしてきました。私も、これまで色々仮想通貨に投資をしてきましたが、時期によって大きく利益を上げられた人と、大きく損をしてしまった人がいると思います。

2017年末のタイミングで、暴騰の時期に参加できた人は、大きく資産を増やせたのではないでしょうか?仮想通貨は、まだまだ投機の要素が大きいので、世の中へはまだまだ浸透していない状態です。

ビットコインを保有しているアカウントは、全世界でまだ約300万個、1ビット以上保有するアカウントは、約80万個と言われ、日常的に利用している人は、ほぼ皆無でしょう。

実用化がされていくのは、これから先になります。ということは、次の暴騰のタイミングもあると考えて準備をしておいた方が良いということです。

ご興味がある方は、是非サイトの問い合わせフォームよりご連絡ください。マイニングの参加方法など、フォローさせて頂きます。

共に資産を増やしていきましょう。

【マイニングシティーのビットコインボルトマイニングの購入はこちら】

【マイニングシティーの公式テレグラムはこちら】

今後のビットコインボルトのマーケティング展開について

ビットコインボルトは、マイニング業界の世界の国連と言われる「デジタルマイニング協会」の会長を務める、マインベストのCEO イエール氏が開発した仮想通貨です。

マーケティング展開の話をする前に、イエール氏について少し説明します。

このように、デジタルマイニング協会には、世界のビットコインマイニングのTOP10に入る企業がすべて加入しており、マイニングに関する最新の情報が共有されています。

イエール氏は、MINE BEST社のCEOです。マインベストは、マイニングを行うファームを提供している会社です。マイニングは、いかに経費をかけないかどうかで、利益が変わってきます。

マインベストが提供するマイニングを行う場所の提供は、世界トップクラスの利益を出しています。イエール氏は、もともとはエンジニアなので、新しい技術を生み出すことにも長けています。

何と言っても世界中のマイニングに関する情報は、すべてイエール氏のところに集まってくるので、ビットコインボルトが、今後どのようになっていくのか楽しみです。

仮想通貨の基軸通貨であるビットコインも、マイニングによって発行されてきた通貨ですので、まだ半減期を一度も迎えていないビットコインボルトのポテンシャルは、現時点ではビットコインよりも高いことが言えるでしょう。

少ない資金で最終的に多くのビットコインを持つために、今のタイミングでビットコインボルトをたくさん保有していくことが理想的なのです。

ではここから、ビットコインボルトのマーケティングについて話していきます。

ビットコインボルトのプロモーションは、実はまだ始まっていません。

2020年5月からが本格的な活動開始になります

ものすごい情報が入ってきました。

BTCV(ビットコインボルト)は、2021年末には上場時(1ドル)と比較すると、1000倍(1000ドル)を目指せるポテンシャルを秘めているということです。

これは、ビットコインの半減期の翌年の年末頃に、大暴騰が起きる可能性が高いこともあり、相乗効果で期待できる数値ということです。

なぜ上昇するのか、2020年5月以降のスケジュールを説明していきます。

1.BTCV報酬の‘半減期’ / 10分当たり175BTCVから150BTCVへ変更されます。 それに伴いコインの価格上昇が予想されます。

2020年5月1日より、デジタルマイニング協会に加盟している全ての企業に、BTCVの存在について公開します。

※デジタルマイニング協会とは、現在ビットコインをマイニングしている全マイナーのうちの、約70 %を占めるコミュニティです。

ビットコインの全ての機能に加えて、マイニングによってのみ手にすることができるマーケティング手法、及び下記の素晴らしい付加価値を兼ね備えたビットコインボルトについて、これからますます注目度が上がっていきます。

2.IOS/アンドロイドBTCVウォレットアプリケーションがリリース

お財布アプリがリリースされます。

3.盗難防止技術リリース

この技術が、BTCVの一番の特徴です。ハッキングや紛失の恐怖から解放されます。

4.マイニングシティ・モバイルアプリケーション(グローバル)

これは、2018年から2019年にかけて蔓延していたハイプ案件である、アービトラージや、ウォレット系の詐欺が事実上できなくなる機能です。

このアプリケーションを用いると、実際に稼働していない嘘の案件かどうかを、すぐに見破ることができるようになります。

5.マイニングシティ・モバイルアプリケーション(中国マーケット)

6.より多くの採択者確保、そしてより大きな取引所に年内続々上場予定!

大部分のマイナーに、ビットコインボルトを広めた後に、一般投資家に向けて、仕掛けていきます。2020年の年末にかけて、誰もが知っているトップクラスの取引所に多数上場していきます。

7.グローバルニュース&プロモーション活動実施

8.Coinmarketcap.comにて、BTCVの時価総額公開の予定。これはBTCVにおいて、全世界のブロックチェーン産業に対して、大きなインパクトを与えることになります。

9.コインに対する需要が増加され、コインの価値が上昇すると予想されます! 近いうちに多くのビッグアナウンスが発表されます!

暗号資産のことであれば、何でも教えてくれる場所とは

私もお世話になっている、”暗号資産オタク松岡さん”のオープンチャットです(無料)。

こちらの部屋の目的は

➀ ビットコイン関連のビジネスに誘われているが怪しいものか判断がつかない
➁ 以前購入したICOプロジェクトの経過や最新スケジュールが知りたい
➂ ビットコインなど暗号資産のことを友人に教えてあげたいが興味付がわからない
➃ ビットコイン関連ビジネスが多すぎて他社との違いを知りたい
➄ 初心者なので一から知りたい
➅ ズバリ松岡の資産運用のやり方を知りたい
➆ 出口(税金対策、換金方法、守りながら殖やす)を知りたい
➇ 松岡が参加する面白いイベントやミートアップ情報を知りたい
➈ 取引所やウォレット、送受信方法を知りたい

暗号資産のことなら、何でも質問可能で、すぐに疑問に答えてくれます。
是非登録してみてください。

マイニングシティは、アフィリエイトでもBTC、BTCVを増やせる

ビットコインボルト、ビットコインのマイニングができるマイニングシティですが、もう一つの特長として、購入と同時にアフィリエイトの特典も付いています。

全体のマイニング収益の分配は下記の通りです。
60 % マイニング報酬
35 % アフィリエイト報酬
5 % 運営会社の利益

なぜアフィリエイト報酬が付いているのかというと、会員の規模を大きくするために、ベストな方法だからです。過去にマイニング業者の詐欺事件もありましたが、このマイニングシティは、実際にマイニング事業を行っていますので心配する必要はありません。

Mining Cityマイニングプールの詳細については、次のリンクをクリックしてください。(BTC.com)

[Mining cityが追加されたのは最近のことなので、過去のブロックは表示されていません]

【アフィリエイトの方法について】
・自分で、自分を紹介することによっても、アフィリエイト報酬を受け取ることができます。

・紹介したい友人がいる場合は、自身の紹介リンクから登録してもらうことで、アフィリエイト報酬が得られます。

ビットコインボルトについてのQ&A

Q1:暗号資産のマイニングは、儲からないのではないですか?
A1:マイニングは、事業になります。純利益は、収益から必要経費と税金を差し引いた金額です。
 収益<経費+税金なら、赤字経営で、運営を続けるのは難しいでしょう。 実際にビットコインは、当初10分あたりの報酬枚数が50枚だったのが、2020年5月の半減期以降は6.25枚となります。ですが今は、マイニング全体の約70 %はビットコインに対するものと呼ばれるくらい、競争が激化しているのです。

どんなにパフォーマンスを上げても、今のビットコイン価格が大幅に上昇しない限り、利益を出し続けることは困難と予想されます。

しかし、ビットコインボルトは、まだ最初の半減期を迎えていないにも関わらず、すでに価値が付いて、価格も急上昇しています。報酬枚数が、10分あたり175枚と多いタイミングでもあり、マイナーに存在が知られ始めた状況で、まだ一般人に対しては知名度はほとんどありません。

今、ビットコインボルトのマイニングに参入するのが、最もレバレッジがあり、安定的に増やす投資手段の一つと言えるでしょう。

Q2:マイニングシティは、怪しいという話も聞きますが、実際はどうなんでしょうか?
A2:日本においても、マイニング投資を勧誘する業者は少なくありません。現在では、マイニングマシンを購入して、自宅でマイニングする行為は非現実的で、利益を出すことはまず不可能です。

今は、クラウドマイニングといって、大勢の人から資金を集めて、マシンのレンタルや契約期間を定めてマイニング報酬を得るというのが 当たり前となっています。

マイニングシティは、日本企業ではありませんので、不安に感じる人も多いと思います。実際に、会社が存在していなかったり、マイニングしていないのであれば、投資詐欺になりますので危険です。

しかし、マイニングシティは、実際に現場の工場ツアーも定期的に開催されていたり、大規模なカンファレンスも世界各国で行われていますので、上記の心配はありません。
マイニングシティのインスタグラムにも、情報が掲載されています。マイニングシティから、投資者向けにこまめなアナウンスもあり、投資家を第一に考える姿勢に共感できます。

Q3:暗号資産の時代は、もう終わったのではないですか?
A3: 私も、暗号資産の投資で失敗した経験もあります。それは、2018年~2019年にかけて、ビットコインを集めるためのビジネスが蔓延し、ほとんどが胴元が儲ける話だったためです。

それで、暗号資産は儲からない、という風潮が一気に広まりました。しかし、実際に様々な暗号資産プロジェクトが進行しており、2020年以降から実際に利用され認知され始める時期を迎えつつあります。

すべては、投資するタイミングです。ブロックチェーン技術がなくならない限り、ビットコインも存在し続けるでしょう。今は、ビットコインにはなかなか手を出せない状況なので、伸びしろがあるビットコインボルトを、今保有することが一番の近道だと考えます。

お問い合わせ

ご質問等がございましたら、下記の”お問い合わせフォーム”をクリックしてください。

お問い合わせフォーム

サイトマップ

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。