初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

「シェアハウスビジネス」って実際はどうなの?

多くの方々は、シェアハウスの運営を前向きに検討しています。東京や大阪あたりは、シェア物件の需要も多いですが、きちんとルールなどを決めておくと良いでしょう。入居者を確保する為に、内装にこだわっている方も少なくありません

シェアハウスの需要があるエリアとは?

シェアハウスの利用者は基本的に学生や単身者で、賃貸物件を借りるよりも家賃が安くなるため人気があります。最近では外国人の利用者も増え、東京や大阪などの大都市を中心に需要が高いです。

賃貸物件は都心部の一等地になれば格段に家賃が高く、シェアハウスを利用すると安くなるため注目されています。利用者は女性や学生などを中心に増え、学校が集まるエリアを中心に需要が高くなる傾向が強いです。東京や大阪などの大都市の中でも都心部は人気が高く、シェアハウスの運営を考えていれば需要を見込めます。

ちなみに東京の場合は、新宿や麻布や原宿あたりで物件を探している方が多いです。中目黒や世田谷地域あたりも、人気があります。大阪の場合は、なんば地域や梅田や、北摂や天王寺地域あたりは人気があります

シェアハウスのルール作りは?

シェアハウスは複数の人数が一緒に生活をする場所で、事前にルールを作らないと好き勝手な行動をして他人に迷惑をかけてトラブルが起きるものです。同じ場所に一緒に住む時はコミュニケーションをしないとトラブルが起きやすく、他人に配慮して行動することが求められます。

入居者は一般的な常識があれば良いですが、実際には身勝手な考え方をする人も多いです。このため、オーナーとしてシェアハウスを運営管理する時は最低限のルールを守るように入居者に伝え、違反すると退去してもらうなど罰則規定を設ける必要があります。

シェアハウスを運営するなら、やはりルールは作っておく必要があります。例えば部屋の出入りに関するルールです。「無断で部屋に入らない」というルールが定められる事もあれば、貴重品は各自で自己管理するというルールもあります。

それとゴミ捨てに関するルールです。交代制のゴミ当番のルールなどは、よく採用されています。キッチンのルールも決めておく方が良いでしょう。片付けや生ゴミ処分のルールなどを決めておく方が、トラブルも起こりづらくなります。

そしてシェアハウスの場合は、音がポイントになります。各部屋同士で音が聞こえやすいこともあり、騒音トラブルも発生しやすいです。夜中に電話するのは控えるようなルールを決めておくと良いでしょう。

シェアハウスの内装でこだわる点とは?

シェアハウスの利用者は女性など一人で住むことが苦手な学生や単身者が多く、最近では外国人も増えています。このため、内装はおしゃれで快適に住みやすい環境になるようにしたいもので、インテリアや家具などのデザインにこだわって決めると効果的です。

入居者はおしゃれで少しでも長く居たいような内装を期待するため、惹きつけるようにすると増やせます。シェアハウスは賃貸マンションよりも安く快適ですが、設備を共用しないといけないため少しでも安心感があり愛着を持てるようにすることが大事です。

シェアハウスを運営するなら、もちろん入居者も確保する必要があります。他の物件とは違う個性を表現する為に、独自の内装が採用されているケースも多いです。例えばヨーロッパ風の内装です。日本ではなく、あたかも外国に来たかのような雰囲気が演出されている物件も多数あります。

逆に、和風の内装にこだわっている方も多いです。いわゆる和モダンの内装で個性をアピールするケースもあれば、アンティークの家具もあります。茶室を採用している物件も、たまにあります。

シェアハウスのトラブル回避術について

シェアハウスは共用で使う設備もあるため、身勝手な行動をすると相手を困らせることやトラブルが起きます。トラブルを避ける方法は事前に守るべきルールを決めて入居時に詳しく説明し、オーナーとして他人任せにすることでなく一人ひとりにコミュニケーションをすることが大事です。

入居者は交流を深めるきっかけにすることを期待しているため、イベントなどでチャンスをつかめるようにすると効果があります。トラブルはお互いに理解し合えるような関係にすると防げるため、積極的にコミュニケーションを取りやすくなるよう共用部を快適に使いやすくすると安心して運営ができます。

シェアハウスのトラブル回避策は色々あって、例えば名前書きです。色々な居住者が共同利用する訳ですから、自分の保有物には名前を書いておくべきです。それと洗濯かごです。洗濯物が多いと、居住者の衣類が混ざってしまう事があります。

各自が洗濯かごを用意しておき、それぞれ衣類を入れるよう徹底しておけば、トラブルも防ぎやすくなります。それと意見や不満の伝達です。やはり入居者がストレスを溜め込んでしまうのは、良くありません。連絡板やメッセージボードなどを採用して、管理者に対して「入居者の声」が伝わりやすい状態にしてみると良いでしょう。

シェアハウス経営のメリットとデメリット

シェアハウスとは複数の入居者がそれぞれ個室を持ってリビング、キッチン、バスなどの設備を共有しながら暮らす共同住宅を言います。そしてシェアハウス入居者で最も多いのは正社員で、さらに7割が20代前半~30代前半の女性が占めているといわれています。

最近若者たちにシェアハウスの人気が高まっています。シェアハウスのメリットとしては、複数の入居者から家賃収入が得られて、収益性が高くなる、部屋数を増やせる、空室率を低く抑えられる、対応できるニーズが多く入居者が決まりやすい、1つの部屋をオーナー用にした利用など、幅広く活用できる点があげられます。

何と言ってもシェアハウスは1つの賃貸物件で複数の入居者から賃料収入が得られるので、費用対効果がとても大きいのが特長です。また、同じ立地でも個人でアパートやマンションを借りる時と比較し、割と安く新たな生活が始められて、人気エリアのシェアハウスは空室が出ればすぐ決まってしまうぐらい入居が決まりやすいです。

そして、シェアハウスは複数の部屋のうち、1つの部屋をオーナー自身の入居にすることもできるため、賃料を得つつ、自分の居住場所も確保できたりします。

一方で、デメリットもあります。入居管理では、シェアハウスに対応している不動産管理会社がかなり少ないのが現状です。管理料も、一般の賃貸物件では月に賃料の5 %程度ですが、シェアハウスであれば20~30 %程度かかります。オーナー自身で管理をする方が多いですが、入居者同士のトラブルが起きやすかったり、設備などの対応が多くて手間がかかってきます。

また入退去の入れ替わりが、一般の単身用物件よりも早く、数か月で入れ替わることもあります。シェアハウスに来る人は、基本的にお金を節約したいケースと、たくさんの人と交流を深めたいケースがほとんどです。なので、一時的に住めたら十分で、家具や家電はオーナーが準備し、入居のルールも管理する必要があります。しかし、これらのコミュニティの運営は、入居者の中で班長を決めて管理してもらうことも可能です。

シェアハウスは1戸に複数の世帯が入居して、1部屋空きがあったとしてもすべての賃貸収入がなくなるわけではなく、割と安定した不動産収入が得られます。シェアハウスの運営がうまく回れば、高い利回りでキャッシュフローが出やすいので、これから始めたいと考えている人も増えてきているようです。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。