初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

不動産投資、外国人入居者を募集するときの注意点

最近では外国人の人口が多く、都市部では対策を講じることが必要になっています。外国人の入居可物件は文化や生活習慣などの違いがあるため、理解した上でニーズに応えるようにすることが大事です。

しかし、他の住民に迷惑をかけないようにコミュニケーションができるスタッフがいる不動産会社や管理会社を選び、注意すべきことがあれば積極的に行うようにすることが求められます。

外国人の入居可物件では、どのようなことに配慮すべきか?

賃貸物件は外国人入居可物件でも日本人も住んでいるため、ゴミの分別や騒音などで近所迷惑にならないようにしてもらうことが大事です。賃貸物件はあくまでも入居者に設備を貸すため、外国人であれ破損や汚したりしないように守るべきルールを伝えひどいようだと退去してもらえるようにお願いする必要があります。

まず配慮されるべき点としましては、外国籍の方も入れる物件がネット上でも分かると言う風にしてくれている賃貸オーナーが最近では、増えています。理由としましては、近年、少子高齢化が背景になっており、外国人労働者が増えていることが要因であると思われます。

ですので、外国人の方にも、安心して住まいが提供できるような試みがされておりますので、非常に良い面として、外国人労働者の方として捉えて頂きたいと思います。外国人の方々が住居を借りる問題点としまして、まず第一に考えなければならないポイントとしましては、連帯保証人等を構える必要がある賃貸物件が多いと言うことです。

実は、外国人向けの賃貸マンション等について、最近少子高齢化が背景にあり、外国人労働者が増えてきていることから、外国人でも入居しやすい物件を追求するために、例えば外国人向けに家具や家電等があらかじめついている物件を準備している賃貸マンションがあったり、連帯保証人がそもそも外国人に限り不要と言う物件が多数出てきています。

特に人口の流出がひどい一部市内や町内では、このような企画をする賃貸物件が増えており、若者の人口流出が激しい地域には、最近外国人労働者の数が増えてきている現状があります。

また、都心部に外国人労働者が集中しないようにする働きかけとしても、各地に外国人労働者を分散させる手法として、外国人労働者向けのサービスを展開した賃貸物件も増えていますので、外国人労働者の方々は労働力を募集している地域で魅力的なサービスを展開している賃貸物件を探すことも必要なことではないかと考えられます。

今以上により住みやすい物件が今後出てくる可能性もありますので、しっかり調査をした上で、住みやすい物件を探して頂きたいと思います。中には保証人が不要である場合もあるので、そちらを優先的に選ぶようにしましょう。

また、事業所によっては、保証人事態もその事業所が一括して請け負ってくれる可能性が高いと思われますので、その辺りの保証の確認等もしておくべき点であると思います。または、保証人代行会社を利用することのできる物件を選ぶのも一つの方法です。

保証人代行会社を利用する場合では、利用可否の審査が必要となります。審査が通過すれば連帯保証人が不要でそのまま物件を借りることが可能となります。ぜひ快適に住むことができ、入居がスムーズにいく物件を提供するようにしたいところです。

外国人の入居の際に必要な書類とは?

外国人が賃貸物件に入居する時は安心して貸せるかどうか判断することが求められ、身元確認の書類を確かめてから決める必要があります

契約はオーナー側が入居審査を行って判断しますが、日本人と外国人では考える意識が違う点が多く戸惑います。このため、スマートな賃貸契約をサポートするため国土交通省はガイドラインを発行し、6ヶ国語で内容が記載され事前に目を通してもらうことが大事です。

日本の少子高齢化が進む中で、積極的な外国人労働者への委託が最近より一層目立ってきております。入居の審査の際に必要となる書類等は以下のとおりとなります。

・パスポート
・住民票の写し
・勤務証明書
・在学証明書
・収入証明書
・終了資格証明書
・資格外活動許可書

が一般的に必要な書類であります。

これらの書類をあらかじめ準備しておくことが必要ですが、これらの種類をどのような手順で準備すれば良いか分からないと言う方々については、最寄りの町役場か市役所へ行かれることをお勧めします。

外国人の入居審査の方法について

外国人の入居審査はコミュニケーションができないといけないため、日本語が言えることが前提条件になります。審査で確認する項目は支払能力や在留資格、在留カード、連帯保証人で、家賃を滞納せずに支払え安心して利用してもらえることをチェックすることが大事です。

基本的に外国人の入居審査は日本人よりもハードルが高く、物件のオーナーが滞納されるリスク以外にトラブルが起きることを避けている傾向があります。入居審査は失敗すると近隣住民とのトラブルが起きてクレームを言われることや信用を失うため、多少厳しくてもルールを守れる人物であることを確かめてから決めることが大事です。

外国人は日本語学校などで家賃契約の仕方を学んできたこともありますが、認識のズレなどが原因でトラブルが起きてしまうこともあります。基本的に契約をする時はコミュニケーションができないと元も子もないため、情報のやり取りができて約束を守れるか判断して決めることが重要です。

また日本人以上に支払い能力があるかどうかと言う部分は重要になってくると思います。やはり他国の方については、本当に支払える能力があるのかどうかと言う疑いの目をかけられる部分が非常に有ると思われますので、支払い能力についても口で説明できる上で証明できる書類を準備しておかなくてはなりません。

また、日本の賃貸物件を借りるには、日本のルールを知っていることも大切です。入国される前に日本の知識と日本での常識をある程度把握しておかなくてはなりません。例えば、ゴミ収集の曜日を守る、夜は静かにするなどといったことです。

この点については、役場や役所で住民登録をする場合に書類を頂けると思いますのでよくチェックしておくことが必要です。慣れない環境は不自由に感じられますが、入居審査が通ったら規則を守り生活してもらいたいところです。

まとめ

「外国人入居者」を迎え入れるとき、文化や言葉の違う方を受け入れるためには、どのような点に留意すれば良いのか?

・入居審査をキチンとおこなう

所有している物件の空き部屋が目立つと「何とかして、入居者が欲しい」と焦ってしまうこともあります。けれども日本人であれ、外国人であれ、きっちりとした入居審査は必要です。入居希望者がいたら、氏名とともに在留資格や期間についても、細かくチェックしていきましょう。

現在の住所はもとより「勤務先の情報」も調査しておくこと。毎月一定の収入があり、家賃を払える状態なのか見極めていきます。書類上のチェックだけでは不安を感じる場合は、できるだけ入居前の面談にも顔を出すことがおすすめです。

実際に相手の顔を見て、その方の人となりをチェックすることによって、相手がどんな人なのか詳しく知ることができます。日本語についてはどの程度話せるのか、日本にはどのくらい滞在する予定なのか、あわせて確認しておくと良いでしょう。

・最近の外国人入居者の特徴は?

海外から日本にやって来る外国人入居者は、年々増えてきています。その特徴は二極化されていて「日本の文化が大好きで、日本に移り住んで来た人」と「日本にはあまり興味がないものの、金銭的な面で日本に出稼ぎにやって来た人」の2タイプ見られます。

オーナーにとって扱いやすいのは前者のタイプ。日本の文化に対して好意的なため、細かな日本独自のマナーをよく順守してくれます。それに対して出稼ぎでやって来た外国人の方は、生活に困窮している方が多く、総じて日本語もあまり得意ではない…という特徴があります。

外国人入居者の方が増えてくると、マナーがアバウトになり、マンション自体の規律が乱れてしまうというリスクもあります。最近では多国語が話せるスタッフが常駐している管理会社、そして外国人入居者のノウハウを広く持っている不動産会社も増えてきています。

自分1人で何とかしようと思うのではなく、経営のプロに相談してみるのも、外国人入居者と上手に付き合うためのコツになります。

日本で働く外国人の方も増えてきているなか、外国人入居者を迎え入れるか否かは、オーナーの方にとって切実な問題です。文化や言葉が違う外国人入居者の方を受け入れるためには、それなりの心構えが必要になります。

困ったときは外国人入居者に詳しい管理会社等に相談してみるのも一つの手腕です。周囲の力を上手に使いながら、多角的な経営を目指してみてください。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。