初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

不動産投資セミナーの選び方とは

不動産投資はじめての方へ

不動産投資をする目的は人によって違うとは思いますが、基本は「本業以外の安定した収入を手に入れて、今より豊かな暮らしがしたい」ということでしょう。不動産投資は長期にわたってコツコツと家賃収入を得ていく投資手法です。当然ながら、時間がたくさんあればそれだけ収入を得られる期間は長くなります。始めるなら、早ければ早い方がいいのです。

例えば、借入期間20年でローンを組むとします。購入時期が30歳の時なら、ローンの返済を終えるのは50歳。まだまだ働き盛りであり、さらにステップアップして高額な物件を買い足していくこともできます。ところが50歳から始めた場合、払い終えるのは、70歳。ここからさらに買い増していくのは融資の面でも体力・気力の面でも少々難しいかもしれません。

だだ、年配の方だからといって、不利というわけではありません。年配の方にはそれなりの収入や貯蓄、社会的地位、経験、知識、人脈などの強みがあります。それをフル活用すれば時間という制約をカバーできるでしょう。

不動産投資セミナーとは

不動産投資は複数の種類があり、中古ワンルームマンション投資、新築ワンルームマンション投資、新築アパート経営など。そして、こうした流れで不動産セミナーが進んでいきますが、どのセミナーを選べばいいのかは不動産投資経験があるかどうかで違ってきます。

不動産投資初心者は、不動産投資と他の金融商品との違い、資産運用の話などが聞けるセミナーが参加しやすいかもしれません。一方で、不動産投資のメリットばかりを説明してリスクに関しての説明がほとんどない、不動産投資は節税につながるとアピールするセミナーは注意が必要です。

不動産投資経験者は、金利、物件、入居率など特色を教えてくれるセミナーが良いでしょう。他には公認会計士、税理士など専門家が講演するセミナーは不動産専門知識や税金など専門的な話が聞けるケースが高いです。そして、実際に運用している方から経験談を話してもらえるセミナーは、生の声が聞けるので貴重です。セミナーの品質ですが、上場しているかどうかで左右はされないですが、上場企業なら企業としての不動産ノウハウが多くて、物件のクオリティが高い傾向があります。株式上場をしている企業のセミナーにも参加してみてはいかがでしょうか。

有料と無料セミナーの違いは

不動産投資セミナーは複数のテーマで開催されていて、参加費用にも差があります。まず無料のセミナーについてです。無料セミナーは無料なりの内容と考えている方もいると思いますが、実際には無料セミナーでも内容は充実しています。不動産投資をこれから考える初心者の人が、気軽に参加できるようなセミナーも多く開催されており不動産投資入門でかなり役立てられる情報提供をしています。

そして、不動産投資についてある程度知識がある方も満足できるような無料セミナーももちろんあり、セミナーは幅広いテーマ、受講者レベル別に開催されていて、自分のレベルに合ったものを選択可能です。大抵は受講対象者レベルがわかるように初心者向け、中級者向けなど表記されていて、自分に合うセミナーを選択しやすくなっているのが一般的。そして、具体的に何をどうするか等がセミナーの名前に含まれていたりするので、まさに自分がいま必要な物を選べます。

そして、セミナーで投資経験者、成功者などその道の専門家が講義をしていて、中には業界内で有名な講師も登壇したりして、実際培ってきたノウハウなどを生の声で聴くことができます。セミナーは、ある意味講師が持っているスキルを公開する場であり、その場でしか得られないような情報が出てきます。不動産投資セミナーだからこそ得られる情報もあって、そうしたところが不動産セミナーのメリットになるはずです。

初めてで、参加するか悩んでいる場合

◇迷っているなら、参加がおすすめ。

将来の資産運営のひとつとして、老後の蓄えとして、不動産投資を考えるビジネスマンの方が増えてきています。FXや株式・仮想通貨の購入に比べて、安定した資産が作れるのが不動産投資です。初めてのサラリーマンの方でもトライしやすい分野ですが、ときには「不動産にまつわる専門的な知識」も必要になります。

会社の就業時間が終わったあと、土日の休みを利用して、まずは一歩踏み出してみることが大切。同じようなライバルに差をつけるためにも常に「最前線の不動産投資のノウハウ」をプラスしていくことが求められます。独学だけでは難しい不動産投資、迷っているならまずは無料のセミナーに参加して、会場の雰囲気に慣れてみることも大切なのではないでしょうか。

知っていること・分かっていることが沢山あることは、誇れること。投資セミナーで学んだ知識は、安定した不動産投資をおこなう上で、大きなチカラになってくれます。

セミナーを選ぶ基準

セミナーは資産形成、節税など目的別、サラリーマン、医師など属性別のものが開催されています。これまで複数回のセミナー開催実績がある主催者のセミナーは、参加者がある程度満足できるような内容であると推測され、セミナー開催を重ねているのはノウハウが蓄積されていることが期待できます。

また、不動産投資セミナーを開催した実績がそれほどではなくても、不動産会社で長く経営をしている会社は信頼がおけることが多いです。創業年数が古かったり、会社規模が大きいなどもセミナーを選ぶときの判断基準となります。そして不動産投資セミナーは担当講師の質により左右されてきます。セミナー講師は不動産会社の役員、社員が勤めるケース、公認会計士、税理士などプロが勤めるケースがあります。

不動産投資では避けては通れない空室リスクがありますが、これが低い不動産投資会社は物件管理体制がしっかりしていて、空室になりにくい物件を扱っています。セミナーを選ぶ基準で、その不動産投資会社の管理物件の入居率を確認してみてください。セミナーの開催回数が多い会社はセミナー内容が充実していて、参加者を満足できるからこそ続けられています。ノウハウが蓄積されているため有益な情報が期待できます。

自分に合った投資方法を学ぶことが大事

◇自分の目的に合わせたセミナーを選ぶ

不動産投資のセミナーといっても、20代や30代の若手ビジネスマンを対象にしたもの、定年退職後のシニア世代をターゲットにしたものなど…その内容は多岐にわたります。内容をきちんと確認せずに飛びついてしまうとミスマッチが生じ、自分の知りたい情報を適切に選び取ることができなくなります。どんな人を対象にした、どのような内容のセミナーなのか、参加前に「中身」を精査してみること。自分のニーズに合わせたセミナーに参加することで、有意義な時間を送ることができます。

◇セミナーには「有料」と「無料」がある
不動産投資のセミナーは、有料と無料2つのタイプがあります。有料は不動産投資に詳しいファイナンシャルプランナーの先生や経済アナリストが開く、専用講座。コストはかかるものの不動産投資の最前線を知ることができるため、かけた金額以上の利益をゲットすることもできます。 それに比べて無料のセミナーは、不動産投資を推奨している銀行や不動産会社が開くタイプ。無料とはいえ、それなりに名の知れた講師が登場するケースも多く、モノによっては予約が取りづらいものもあります。

不動産投資に見識のある人はさらなる知識を求めて有料のセミナーを、「お金をかけずに不動産投資のノウハウを学びたい」と思う方は無料セミナーがおすすめです。不動産投資セミナーでは、不動産投資のプロから最新情報を聞けて質問ができたり、参加者数が多くてマンツーマンより行きやすかったり、不動産投資をすると決めてなくても参加できたりするなどがあります。そして、不動産投資のプロから話を聞けるのは大きなメリット。また、不動産投資業界の動向、新たな法改正など最新情報を自分で集めるのは難しくて、こうした機会を活用していきましょう。

また、セミナー内容は主催している会社により特徴があり、セミナーに参加して企業の雰囲気、運用方針がわかって不動産会社の比較検討ができます。不動産投資をこれから始めようとしている方は不動産投資セミナーに参加してみてください。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。