初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

実は落とし穴?不動産が持つ弱みについて

不動産投資に興味があるという人はたくさんいますよね。不動産投資は毎月安定した家賃収入により、長期的、安定的に収入を得ることが出来ます。働かないで毎月一定の金額がもらえるというのは魅力があると思っている人も多いのではないでしょうか。ですが、その一方でリスクがあるのを知っていますか?やはり、投資という以上はリスクも少なからず存在します。では、考えられるリスクを紹介していきます。

・入居率の低下

不動産があったとしても必ず入居してくれるとは限りませんよね。一時は入居率が良くても住環境の変化などで入居率が下がってしまうことがあります。当然入居してくれないと利益は出ないので、収入が入りません。空室になるリスクは物件の築年数に関係なくすべての物件に生じる可能性があることを忘れないでくださいね。

・物件価格の低下

不動産にはさまざまな要因で不動産の価格が低下してしまうことがあります。不動産の価格が下落する原因は、経済状況や需要、築年数の経過、入居率の変動などがあります。不動産投資をしたからといって何年経っても同じ価格で借りられるという保証がないことを覚えておきましょう。

・クレーム処理

借りてくれるお客さんは選ぶことが出来ないですよね。そのため、中には悪質なクレームを入れてくる人も少なからずいるでしょう。賃貸は物件を貸している側の責任になるので、クレームを処理するのももちろん仕事のひとつです。借りてくれる人のすべてが常識的な人ばかりではないこともあるので、注意が必要です。

・流動性のリスク

流動性とは取引成立のしやすさのことですが、取引に参加している人が多ければ多いほど、流動性が高くなり、反対に取引に参加している人が少ないと流動性が低くなります。流動性が低いと売却したいときに売却出来ないことがあるので、リスクが高くなります。

・建物の瑕疵リスク

建物は当然古くなりますよね。そのため、自分が不動産投資をしようとした物件が雨漏りしたり、シロアリが発生する可能性があります。また、物件自体は問題がなくても、近くに暴力団事務所があり、安全で快適な生活が害されてしまうおそれがあります。さらには、購入した物件で過去に何か事件があった部屋の場合があります。そうすると当然そういった部屋は誰も借りないので安定した収入が得られなくなります。物件を扱う以上はこのようなリスクもあるということを忘れないようにしてくださいね。

このように、不動産投資のリスクについて紹介しました。不動産投資をするのは安定した収入につながるのですが、リスクがあるということを忘れないようにしてくださいね。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。