初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

不動産投資で結婚できないかも、とお悩みの方へ

結婚相談所で、将来のパートナーを探している女性はたくさんいます。その時に、不動産投資をしている男性と知り合った時には、どういったイメージを抱くでしょうか?多くの女性は、「将来の事を考えているんだ」と、好印象を持つ人が多いです。

結婚相談所に来るのは、当然ですが将来は結婚しようと考えている女性がほとんどなのです。そこには、当然の事ながら経済的な事も関係してきます。そして、本業の他に副業として不動産投資をしている人に対して、女性は好感を抱く場合が多いです。

結婚相談所で、不動産投資をしている方に対する印象について

結婚相談所は好みの相手を探すために利用し、不動産投資をする人は安定した家賃収入があるため一緒に付き合っても問題がないと考えているようです。しかし、不動産投資は投資物件を購入するためにローンをするため、思うように家賃収入がなければ逆に赤字になります。

このため、プロフィールに「副業として不動産投資をしています」と書いていれば「この人きちんと稼ぐこともして先を見据えている」と期待される傾向が強いです。しかし、相手もメリットだけでなくデメリットも詳しく知っていれば簡単に飛び付くことはせず、トラブルに巻き込まれないように避けようと考えることもあります。

信頼できるかどうか判断するためには実際に会ってどのような内容か確かめ、家賃収入がローンの負債額を上回ることを再確認する方法が望ましいです。

本業の仕事もきちんとこなし、なおかつ不動産投資もするという事は良い印象を受けますが、本業を不動産投資としている場合には、女性のイメージは一気に変わっていきます。

不動産投資のみで収入を得ようとしているという事は、イメージ的には将来をきちんと考えていないのでは?というイメージを与えてしまうのです。投資というのは、必ずしも全員が成功している訳ではありません。

そのリスクも考えているかどうか、そういった所も女性はチェックしています。

不動産投資を行っている人の理想的な結婚相手とは

不動産投資をする人は家賃収入で稼ごうと考えがちで、お金持ちになって好みの相手を探して結婚することを夢見ています。しかし、不動産投資は物件をローンで購入するため期間が長くなり、入居者が退去することや募集しても集まらないなど、空室ができることや滞納をされると逆に赤字になるなどリスクが高いです。

悪質な場合はこのような事態を見据えて助けてもらえるような相手を探すこともあり、考え方によって理想の相手が異なります。

女性が理想としている不動産投資をしている男性は、まずはその計画性が大切です。単なる成功だけを夢見て、無闇にやたらと優良物件を買い続けている男性に対しては、あまり良い印象を受けないでしょう。

理想とする結婚相手は、やはりきちんと計画性があり、単なる優良物件だからという理由だけでなく、将来性を考えて、リスク等も考えている男性を理想としています。

不動産で多額のローンがあるのは不利なのか

不動産投資は多額のローンがあると返済するまで時間がかかり、勤務先の状況によっては収入が減ることや入居者に家賃を滞納されるなど様々なトラブルが起きる可能性があります。物件を購入するために資金を借りる時は、価格が高いとローンの期間が長くなります。

家賃を上げても集まりやすい環境であれば良いですが、予定通りにならないことも多いです。

不動産投資には多額のローンを抱えている場合がほとんどです。多額のローンを抱えている場合は、結婚には不利でしょうか?ですが、不動産投資という物に、多額のお金が必要な事は女性も知っています。

大切なのは、ローンの返済をしっかりと考えているかどうかという事です。逆に毎月の返済を計画的に行っている男性は、女性からするとかなり好感度が上がります。そして、絶対にしてはいけないのは、ローンを隠しておくという事です。

ローンがあると分かれば、女性が警戒すると思い、ローンがある事を隠していると、後で大きなトラブルへと発展します。女性にとって、ローンがある事を秘密にされた事は、信用問題に大きく関わってきます。

不動産投資でローンがある場合には、きちんとその事を告白して、返済計画を説明する事が、とても大切な事です。

不動産業界は実際にどうなのか

不動産投資は会社員などの副業として有名ですが、最近の業界の動向などで慎重になっている相手から見れば、損をした時のリスクを鑑みて接触を避けることがあります。逆に資産運用をすることで資金計画を立てていると判断することもあり、一緒に付き合っても安心できると考える人もいるものです。

まとめ

不動産投資は大きな決断です。特にマンションやアパートといった不動産は非常に高額で、それらの初期投資の金額は決して安くありません。そういった大きな投資を行った際には、その借金額によりパートナーの方に不安を感じられてしまうかもしれません。また、不動産投資を行ったせいでそのパートナーとの結婚が難しくなると考えられるかもしれません。しかし、そんな際にどうすればパートナーに納得してもらうことができるかが大事です。

まず、不動産投資をするには一定額以上の収入が必要となっています。逆に言えば、既に投資を行ったあなたには、不動産投資ができるほどの貯蓄や収入があり、社会的に信用されているということです。初期投資額の大きい不動産を購入できるほどの資産を持っていることをパートナーの方に示すことで、相手に安心してもらうことができます。

可能であれば、現在の年収や持っている資産などをパートナーに伝えることで、より具体的な金額を聞き、パートナーの方も安心することができます。

また、不動産投資は現在の主流として、その安定した家賃収入が主であるといわれています。初めのうちはマンションやアパートなどを購入した投資額が大きく感じるかもしれませんが、上手く経営することができれば、家賃などでの収入が次第に増えていき、いずれ初期投資額を上回り、黒字経営をすることができるようになるでしょう。

そういった投資後の収入について、具体的にパートナーの方に教えてあげることで、より信頼を得られるようになります。こういった点に関しては、不動産投資を行った際に不動産の方と何度も話し合ったと思うので、そこで相談した内容について説明してあげることで、パートナーの信頼度はより高くなると思います。

いずれの方法にしても、不動産投資を行ったせいで結婚ができなくなる、と考える原因は経済的に不安定であると思われてしまうことにあります。なので、自身が経済的に安定しており、収入に困っていないということをアピールすることが、一番の解決策です

また、あなた自身が普段からお金を散在するような人間ではないということをアピールすることも大切です。お金を頻繁に使い、稼いだお金をすぐに使い切ってしまうような人は、結婚しにくいです。そのため、あなたがしっかりとお金の管理ができる人間であるということをパートナーに示しましょう。そのためには、日ごろからの倹約が重要です。不要なものを無闇やたらと買わずに、必要なものを必要な分だけ買うという計画的な姿を見せることが良いでしょう。

自身の経営能力を示すことも結婚のしやすさにつながります。投資を行ったマンションやアパートなどをしっかりと管理し、安定的な収入を出し続ける事で、あなたの経営力をパートナーが信頼してくれるようになります。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。