初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

不動産投資で脱サラ失敗をしても諦めてはいけない

脱サラして不動産投資を行う場合は、リスクに対する十分な対応と覚悟が必要

脱サラを始めた人の中には、不動産投資に取り組む人もいます。不動産投資は、多くの収入を目指す人にとって注目されやすい業種でもあります。不動産のオーナーになれば、安定した家賃収入が見込め、脱サラとして魅力を感じやすい部分もあるでしょう。

しかし、不動産投資の世界で勝ち残っていくことは決して甘くはありません。脱サラしたものの、失敗してしまうケースも多いです。状況を冷静に判断し、場合によっては今の投資を整理して仕切り直しする必要があるでしょう。

一度取り組んだものを止めるのは勇気がいりますが、このまま続けていても家賃収入が上がらず、貯金をすり減らすような状況であれば、どこかの時点で損失を食い止める必要があります。もう一度原点に戻って、最初からリスク管理も含めて全ての不動産投資に関する方法を見直すことが対処法として有効です。

不動産投資の脱サラとは何なのか

脱サラとはサラリーマンとして一定以上の貯蓄を確保して勤務していた企業を退職することで、不動産投資に集中して利益を出すために行う傾向があります。会社を辞めるタイミングの決め方は人それぞれですが、退職金などを確かめ物件を購入して空室が発生してもその分の金額を埋めれるようにすることが大事です。

脱サラは本業での収入がなくなるため不動産投資で失敗すると状況によっては損をすることもあり、安易に考えないようにする必要があります。

脱サラを目標にして失敗した場合の対処法とは

不動産投資の目的は家賃収入で収益を出してサラリーマンとして働かなくても生活ができる状態にするためですが、思うように入居者が集まらないことや何らかの事情で契約を解除してしまうと予定していた家賃収入がなくなって結局は損をする羽目になります。

脱サラは本業を辞めてしまうため収入が一切入らなくなるため、不安があれば安定して稼げる方法を探すことが大事です。他にも準備期間を設けて自己資金を確保してからするように計画を立て、予想しなかったトラブルなどに対処できるようにする必要があります

自己資金は1000万円を目安に貯めておかないとマイナスになって対応できないこともあり、1年間で貯蓄できる金額を確かめて勤務先の企業を退職するタイミングを決めることが重要です。

諦めずに結果が出るまで、取り組む際のポイントとは

不動産投資はすぐに結果が出るものではなく、設備の維持管理を怠ると入居者が解除することや立地条件が悪く設定した家賃が見合わなければ新たな入居者を確保できなくて空室が発生する期間が長くなります。空室は家賃収入を確保できないためなるべく避けたいものですが、集める努力をしないといつまでも改善できないものです。

基本的にあきらめずに家賃の設定を見直すことや会社と相談するなど打開策を考え、入居者を確保することだけでなく満足して暮らせるようにサポートする必要があります。

脱サラした大家さんに共通する部分を確かめる

不動産投資は不労所得を確保できると考え、サラリーマンとして働くことが嫌になると脱サラする傾向があります。失敗する要因は需要を見誤ることや設備の維持管理を怠ることで契約者を減らすことなどがあり、家賃収入に頼りすぎてコミュニケーション不足などでチャンスを逃すためです。

住宅物件は周辺の状況に応じて需要が大きく変わりやすく、予定していた入居者を確保できないと逆に損をする羽目になります。脱サラは収入がなくなるため失敗すると必ず損をするため、自己資金を貯めるなど準備期間を設けない大家さんはこのようなケースが多いものです

脱サラ失敗大家さんに共通すること

脱サラ失敗した大家に共通することとして、不動産投資のリスク管理について見通しが甘い傾向があります。月々の安定した収入を期待して不動産のオーナーになっても、空室が発生した場合はもちろん収入が減ることになります。

しかも家賃は高額ですから、少しの空室でも多額の収入減につながります。また、建物物件は経年劣化していくものです。価値が年々下がっていくため、維持しようと思えばメンテナンスや修理が必要になります。その出費を軽く考えて不動産投資の世界に入れることは危険です。

もちろん災害のリスクもありますし、日本経済そのものが停滞して物件価値が下がるリスクもあります。また、ハウスメーカーに管理や運営を任せる場合は、家賃保証や面倒な管理が省けるメリットがありますが、通常に比べて家賃収入が減少する点がデメリットです。

また家賃保証の条件も、建物の経年劣化などで、途中から悪い条件の見直しがされるケースがあります。管理や運営を代行してもらうのは一見楽そうに感じますが、実際はデメリットも存在するため、事前にしっかりした調査が必要です。

参考事例

老後の生活が不安な今の日本では、上手に資産運用することが大事になっています。資産運用といっても株やFX、不動産などに集中するのではなく、資産分散を行うと良いです。一箇所に大半の資産を投資してしまうと、上手くいかなくなったときに建て直しができなくなります。不動産投資では新築ワンルームマンションが人気です。

20代、30代のサラリーマンでも新築ワンルームマンションを持つことが可能で、不動産会社も積極的におすすめしてくる物件です。しかし、これは不動産業者にとっては利益が大きく、新築ワンルームマンションのオーナーにとっては高いリスクが伴うことを知っておかなくてはいけません

賃貸物件の場合は誰かに住んでもらわなければ家賃収入は発生しません。借り手が見つからずに、空き家のままでは維持費ばかりが掛かってしまいます。固定資産税や管理費、修繕積立金もあります。購入したら終わりではなく、維持費はずっと掛かります。多くのマンションに用いられているRC構造ですが、完全に信頼できる訳ではありません。一時期問題になった耐震偽装により、最近は厳しい基準を設けていますが、それでも100%信用できる訳ではないということを知っておくべきです。

購入する時は納得できるまで調査をしてもらうことをおすすめです。購入後に耐震偽装が見つかったり、安全基準を満たしていないと価値が一気に下落するので要注意です。マンションの投資は不動産会社に手数料も支払う場合もあるので、購入者側はメリットよりもデメリットの方が若干多いと考えておいた方が良いと思います。

失敗するリスクを減らすには、人気のエリアや再開発が予定されているエリアに目をつけることが大事です。人気のエリアは簡単に値落ちしないですし、リセールバリューも期待できます。手放す時に購入時よりも高額で売れるということもあります。失敗を抑えるには、人気のエリアで勝負することです。初期費用は高くなりますが、リスクは減らすことが出来ます。

新築ワンルームマンションのオーナーになり、失敗に気付いたときでもまだ出来ることは残されています。家賃相場が下がり、利益がなくなってきたら早い段階で見切りをつけることです。常に入居者がいる状況であれば問題ないですが、地方や人気がないエリアの物件の場合はこれから価値が上がる可能性も低いので、早めに売却してしまい、最低限の損失に抑えます。粘ってみたり、悩んでいても状況が良くなる可能性はほぼ0です。

最終手段としては自分が住んでしまうという方法もあります。自分が住めば新築ワンルームマンションを購入したと思えば失敗を抑えることが出来ます。

まとめ

~不動産投資で成功を収めるために~

不動産投資で成功を収めるためには、様々な困難を想定し、それに対する有効な対処方法を施すことが大切です。ところが、その対処法を見つけることができず、全てを人任せにしているとますます状況が悪化する可能性もあります。

不動産投資を諦めずに結果を出す方法は、不動産会社の情報をそのまま納得するのではなく、自分で必ず情報収集を行う姿勢が大切です。脱サラをして不動産投資を行うことは、それを職業にするということです。自分で必ず確かめて、自分の責任のもとに運用するという覚悟が必要です

そのことによって、不動産投資に対する着眼点を磨くことができ、情報の是非や良し悪しを判断する能力を養っていくことができます。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。