初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

不動産投資セミナーの主なポイントと注意点

多くの不動産投資業者は、セミナーを開催しています。セミナーに参加するなら、不動産業者も慎重に選ぶ必要があります。やはり優良な不動産業者を選んでおくに越した事はありません。

東京、大阪で開催される代表的な不動産セミナーとは

不動産セミナーは東京や大阪など主要都市で開催され、多くの会社の話を聞けるため積極的に参加すると情報を豊富に入手できます。東京で人気の会社は株式会社シティインデックス、株式会社ライジングトラスト、株式会社ハロハロホーム、REISM主催の自社マンションのセミナーの他日本財託グループが行う中古マンションを取り扱うセミナーなどがあります。

大阪ではJITホールディングス株式会社、株式会社ブリッジアクション、アウンコンサルティング株式会社があり、これらのセミナーは海外の物件の情報を知るきっかけになり、視野を広げるために役立ちます。他にもセンチュリー21が主催しているセンチュリーレイシャス1のセミナーや、野村不動産主催のアーバンネットセミナーなども有名です。

不動産セミナーを受けた方が良い理由

不動産セミナーは投資のプロから最新の情報を聞いて質問ができ、参加人数が多くてマンツーマンよりも安心できることが特徴です。基本的に参加費は無料のため話を聞いてから興味があれば考えることもでき、会社の特徴を比較検討ができます。

セミナーの内容は会社によって扱う物件の範囲が異なり、より多くの情報を知ると効果的です。不動産は経済環境の変化の影響を受けやすく、投資をして利益を出すためには需要を見込める物件を探す必要があります。

セミナーは最新の動向を専門家が分析してアドバイスをするため、質疑応答で疑問点があれば気軽に質問すると新たなきっかけをつかめて便利です。投資は資産運用を効率良くしないといけないため、メリットばかり伝えてリスクを説明しないことがあれば注意する必要があります。

不動産に対して質問をした際、自分の納得できる答えを回答してくれるセミナー講師であるほど信頼することができ、自分が投資をする際、どういった投資がよいかを考える目安になります。

逆に質問に対してあいまいな答えや納得することが出来ない答えだとそのセミナーは受ける価値はまったくといってよいほどありません。自分の考えと不動産のプロの考えがどれだけ自分が考える投資にマッチしているかを確認するうえでは不動産のセミナーを受けたほうが明確な答えが出ますのでセミナーを受けたほうが良いでしょう。

他に不動産のセミナーを受けたほうが良いとされる理由ですが、不動産会社で売られている物件を比較しやすくなり購入する際の目安にもなりますのでまずはセミナーに参加して物件を知ることが重要です。

不動産セミナーの無料、有料に多いとされるケースは

不動産セミナーは基本的に無料のため初心者でも参加しやすいですが、投資物件の営業があります。逆に有料のものは上級者向けのため経験を積んでさらに収益を出したい場合に受け、実践的な内容や特化した情報を入手できることが特徴です。

無料セミナーは、これから投資をする人に向けたセミナーで、中身の内容としては投資の仕方や投資による利益などの説明が主で、どの分野が発展するかなどについては語られることは多くはありません。あくまで投資をする際の気構え程度で終わるセミナーもあります。

有料の不動産投資セミナーであれば中身のセミナーの特徴としてはかなり内容の濃い物を聞きだすことが出来ます。取り扱う物件についてもそうですがこれから伸びる可能性がある物件に対する情報なども有料セミナーでは説明をすることが多いです。

セミナーが有料になる要因は専門的な講師に依頼するためにそれ相応の費用がかかるためで、無料と比べると専門的な知識が付くことや懇親会などで有益な人脈を作れます。

また、賃貸経営の方法などのセミナーも無料の場合と有料の場合とでは異なり、無料はあくまで経営の方法をセミナーとして語り、有料の場合は様々な賃貸経営に対して問題となるケースに対して解決方法を語ったりとすでに経営をしている人にプラスになる情報を発信することが多いです。

有料はすでに不動産を運用している方向けのセミナーで無料のセミナーはこれから不動産を運用する方向けのセミナーと考えると良いでしょう。

どうすれば不動産業者を見極められるか

その1つは創業年数です。そもそもセミナーに参加する目的は、不動産投資の知識を学ぶ事です。であれば、業者のノウハウ量などは軽視できません。全体的に、創業年数が長い不動産業者の場合は、多くのノウハウが蓄積されている傾向があります。幸いにも創業年数は、業者の公式サイトなどで簡単に確認できます。セミナーに参加する前に、年数は確認しておくと良いでしょう。

それとセミナーの開催頻度です。頻度多くセミナーを開催しているかどうかも、確認しておくと良いでしょう。というのも多くの不動産業者は、セミナーに外部講師を招いています。セミナーの質は、その講師の質に左右されるのです。ですから良い講師がいるセミナーに参加できるに越した事はありませんが、頻度多くセミナーを開催している不動産業者の場合、良い講師が招かれている傾向があります。ですからセミナーの開催頻度も確認しておく方が良いでしょう。

セミナーに参加する時は、自分なりに決めておく方が良い

質問すべき内容は、ある程度固めておく方が良いでしょう。というのも不動産セミナーには、たいてい質疑応答があります。セミナーの最後の段階で、参加者からの質問を受け付ける時間が確保されているのです。そのタイミングでの質問内容は、決めておくのがおすすめです。その方が、セミナーの時間を有効活用できます。あらかじめ質問内容をまとめておき、メモなどに書いておくと良いでしょう。

ただしセミナーに参加した後の電話は、要注意です。セミナーによっては、たまに主催者側から電話がかかってくる事もあるのです。電話をかける目的は、販促や営業です。おすすめの投資物件などが、電話で紹介されるケースもあります。電話で紹介される不動産物件を契約するかどうかは、やはり慎重に判断すべきです。不動産業者としては、売れない物件を電話で勧誘している可能性もあるからです。

もちろん物件の契約をするかどうかは、本人が決める事になります。メリットが無い物件なら、毅然と断るべきです。ちなみに一旦断っても、しつこい業者は何回でも電話をかけてくるケースがあります。その場合は、はっきりと「名簿から削除して下さい」と伝える方が良いでしょう。

まとめ

どのようなセミナーを選ぶべきか考えよう

不動産投資はサラリーマンなどの副業として考えがちですが、何も情報を知らずに始めると空室が発生することや入居者を確保できないこともあります。初心者は無料で参加できるセミナーを選ぶと自分に合った方法を探しやすく、質疑応答があるため聞きたいことを決めて質問すると効果的です。

有料のセミナーはあくまでも経験者向けのため慣れてきたら参加することを考え、不労所得として貯蓄ができるようにすると老後の生活を安心して暮らせるようになります。セミナーはどのようなことを学ぶか確かめ、やり方を決めるために参考になるように受けることが大事です。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。