初めてのサラリーマン、不動産投資と副業で資産を増やす方法

~投資を始めて、本業以外に複数の収入の柱を作る~

不動産投資の強みと弱みについて

今や低金利時代です。定期預金を始めてもほとんど利子が付きません。これから年金も下がってきますし、自分自身で老後の対策をする必要があります。不動産投資は、株式投資と違って、投資した企業が倒産するなどして投資したものが紙切れになることはありません。

資産価値は下がるかもしれないですが「0」になるということはないのです。売ることもできますし、自分が住むこともできます。不動産投資をする人は、この点が安心して取り組めるのだと思います。

また、ローンを借りて始めても、家賃で返済するので、自分のお金を出す必要がありません。ある程度家賃収入を得てから、その後、売却するとうまくやれば自分の懐を痛めることもありません。資産家になるには不動産投資を始めることからとも言われます。 

不動産投資のメリットについて

不動産投資のメリットは、まずうまくいけば大きな利益を得ることができるということです。ほとんどの方が毎日、朝早くから仕事を始めて一生懸命働いても決められたお給料しかもらえないことがほとんどです。

働いても働いても、出ていくばかりで気持ちだけがすり減ってしまう、そんな毎日を過ごしてる方が多いのが現状です。しかし不動産投資は、何もしなくても毎月利益を得ることができます。

上手くいけば月に何百万も夢ではありません。実際に一人で、ひとつの中古のアパートから始めて今では何千万もの収入を得ることに成功した人もいるのです。しかも、入居者が退去しなければ、また建物があれば半永久的に収入は入ってくるのです。

そんな夢のようなメリットが不動産投資にはあるのです。もし不動産投資がうまくいけば、今の仕事を辞めて悠々自適な生活も夢ではないかもしれません。大きな収入が入ることで、自由な時間を手に入れることができるのです。

不動産投資のメリットはさまざまありますが、その中でも大きいメリットとして考えられるのは、安定した収入が継続して得られることです。不動産投資で収入を得る方法として、大きく分けるとキャピタルゲインとインカムゲインがあります。

キャピタルゲインとは不動産を安く購入し、不動産の価値が上がったときに高値で売却し、購入時と売却時の差額により利益を得る方法です。もちろん、不動産の価値が上がるまでは、賃借人を入居させて家賃収入を得ることもできます。この家賃による収入をインカムゲインと呼びます。

家賃による収入は居住者がいなければ得られない不安定なものと考える方もいらっしゃいますが、不動産を持っている不動産投資家と任意の賃貸管理会社との間でサブリースや空き室保証の契約をすることで一定の管理料や保証料を支払うことで、空き室の分の家賃も保証してもらえるので安定したインカムゲインが期待できます。

また、物価があがってきた際には、家賃をあげることで時代の変化に対応して収入を増やせたり、インフレにより不動産の価値が高騰した場合はそれを売ることで前述したキャピタルゲインによる利益を得られるなど、時代にあわせた収益を得ることができるのが不動産投資のメリットのひとつです。

もしも、不動産投資で赤字が出てしまった場合も、ほかの収入がある場合、それらの所得と損益通算することができるので、所得税を減額する節税効果がメリットとして発生します。

不動産投資で収入を得られた場合も、建物の減価償却費・ローン金利・固定資産税・都市計画税などが必要経費として認められるため、不動産投資の収入による所得税は低くなり節税効果が期待できます。何室ものマンションを不動産投資として購入している場合、必要ならば自分たちが住めるというメリットもあります。

不動産投資のデメリットについて

一方で不動産投資にもデメリット持ちたい存在します。それは不動産投資は、非常に難しいということです。不動産投資を始めて一番初めからうまくいった人はほとんどいません。
経験があるからと言って、絶対に失敗しないということもありません。

いつなんどき手持ちの不動産が価値がなくなるということも考えられるのです。例えば、マンションを購入して毎月何百万何千万の利益を得ることができて成功したと思った途端、地震が起きてマンションが潰れてしまったり、欠陥住宅で全てを直さなければならなくなり、修繕費が利益を上回ってしまうこともあるかもしれません。

不動産をすぐに売って少しでも不利益を上げたいと思っても、このような時に限ってすぐに送ることができず困る経営者も多いです。基本的に一度悪い噂が流れてしまった不動産は、売れたとしても安く買い叩かれてしまいます。

元を取る所が、大幅な赤字になってしまったということも少なくないのです。 うまくいけば大きな利益を得ることができる不動産投資ですが、失敗すれば大きな損益を被らなければなりません

ます不動産投資を始める前に自分が向いてるか向いてないかを判断することも重要です。不動産投資はギャンブルではないので、経済的にある程度余裕がある方でないと非常に難しいかもしれません。不動産投資はミドルリスクミドルリターンということをよく考えて行動しましょう。

また、不動産の価値が下がるリスクがあることも挙げられます。不動産の価値が下がる要因としては、景気の動向や、建物のある場所の地域の価値が低下してしまうことが考えられます。

建物が老朽化していくことにより資産価値が下がることも避けては取れない問題です。家賃収入といったインカムゲインで収入を得たい場合は、空き室を避けるために入居者を募集する際に現在の資産価値に応じた家賃に下げるなどの工夫をしなくてはいけなくなってきます。

不動産の購入時と売却時の差額で収益を得るキャピタルゲインの場合は、資産価値が下がってしまえば損をしてしまうことになるため、そもそも投資目的で不動産を買う時点で資産価値が上がる見込みのある物件を選ぶ必要があります。

不動産投資のために一般的には不動産投資のローンを利用しますが、変動金利だった場合、金利が上昇してしまうと返済額が当初の予定より増えてしまうというデメリットもあります。

他にも意外と経費がかかることです。これを知らずに始めると痛い目に遭います。まず、税金です。購入時も、売却時にもかかります。そして家賃収入に対しても所得税がかかります。そして固定資産税、一戸建ての場合は、土地と建物両方にかかります。この税金がかなり厳しいです。

そして、マンションの場合は、管理費と修繕積立金、駐車場代がかかります。そして賃貸に出す場合は、別に賃貸不動産業者へも管理料を払う必要があります。部屋を借りたことがある人ならわかると思いますが、あの不動産屋は部屋を斡旋する業者です。借りる人からは仲介手数料を頂き、大家からは管理料と言う手数料をもらっています。

その手数料(管理料)の必要があります。また、物件の掃除や、修繕と言ったメンテナンスなど自分でやるのは大変なので、大体の場合管理会社へ頼みます。この管理会社が入居者の募集もしてくれます。先ほどの賃貸店に払うのは手数料、管理会社へは管理料を払うのです。

管理会社が賃貸店と交渉していろいろ対応してくれます。管理会社が賃貸店を経営している場合もあります。この管理会社選びは重要となります。不動産経営は不労所得を得られると言われますが、大変な部分もあります。

運営者情報

皆さんこんにちは、運営者のhiroです。2019年現在、33才でサラリーマンをしながら不動産投資をしています。

 

不動産投資を始めるきっかけになったのは、20代の頃、ロバート・キヨサキ氏の金持ち父さん、貧乏父さんの本を読み、投資の世界に興味を持ったからです。

 

最初は右も左も分からないところから、不動産の世界に一歩踏み出して、今では株、FXやバイナリーオプション、暗号資産など様々な分野の投資を経験し、投資で得た余剰資金で安定的に複利運用で資産を増やしていく方法で資産構築に取り組んでいます。

 

収入の柱をいくつか持つことで、精神的にも余裕が出てきますし、資産を増やしていくことで自由な時間を手に入れることもできます。

 

このサイトは、私が経験した中で、皆様に有益となる情報をお届けするために、昨年末からスタートしました。